<速報> バルセロナの車暴走テロ、死者13人に…50人が負傷
    文字サイズ
    第37回

    高校生部門 佳作作品

    「夢幻の中へ」 手嶋薫李(18)北海道・江別高校3年

    【ツイート60】

     真夏の日差しの中、涼を求め、白く立ち込める霧の中へ駆けていく少女は、夢幻の中へ消えていく・・。私はそれを静かに見つめるだけだった。


    「ふたり」(3枚組の1枚) 木村里穂(17)群馬県立藤岡北高校2年

    【ツイート60】

     野球部で共にがんばる2人を追って撮影しています。互いに成長する姿を、今日も追っていきます。


    「ミシン~針と糸の日々~」(3枚組の1枚) 田中美沙樹(16)埼玉・埼玉栄高校2年

    【ツイート60】

     すべては手先が覚えている。黙々とミシンを踏む老職人。時代に流れる足袋仕事。こはぜがキラリと光を返す。


    「今だけの君と。」(3枚組の1枚) 山辺紗耶(17)東京都立小石川中等教育学校5年

    【ツイート60】

     やんちゃ盛りの君は今日も元気いっぱい。けれど日々成長していく君に、少し寂しくもなるんだ。どうかゆっくり、大人になってね。


    「歓喜」 成原春菜(17)神奈川・向上高校3年

    【ツイート60】

     学校行事のスポーツ大会で撮影しました。勝利したときの喜びが表情に出ていて、皆と  てもいい顔をしています。


    「Best Friend」 高坂圭人(16)新潟・中越高校2年

    【ツイート60】

     一人と一頭の仲よしコンビ。じゃれあいながら私に色々なポーズを見せつけてくれました。「馬が合う」とはまさにこのこと。


    「ある日の日曜日」 笹岡千夏(18)新潟県立六日町高校3年

    【ツイート60】

     ある晴れた日の日曜日。彼女は今から誰に会いに行くのでしょうか。


    「銀世界」 加藤沙奈(18)静岡県立浜松東高校3年

    【ツイート60】

     写真一面に広がる白銀の世界、というテーマで撮ったものです。背景が白でムダがなく、キレイに撮れたので気に入っています。


    「闘魂注入」 今泉陸(17)静岡県立浜松東高校2年

    【ツイート60】

     強い日差しが降り注ぐ真夏の野球場。バケツの冷たい水をかぶり、気力を奮い立たせる団長。そこから応援の熱気を伝えたかったです。


    「喜び」 丹羽涼風(17)愛知県立津島東高校2年

    【ツイート60】

     走る彼の表情、空へ向かって伸びる腕、風になびく応援旗、その全てから「喜び」を感じとることができました。


    「証」 藤田未来(17)大阪市立工芸高校3年

    【ツイート60】

     さわったら、かたくてゴツゴツしててすごかった。「50年以上続けてきたんや」って、誇らしげに話してくれた。


    「青春の熱いリレー」 奥谷開斗(17)兵庫・近畿大学附属豊岡高校1年

    【ツイート60】

     バトンを渡すこの瞬間に、選手はどのようなことを思っているのでしょう。青春らしい熱いリレーの闘いが、この一枚に写っています。


    「慄然の眼差し」 小田雅人(16)奈良・県立王寺工業高校2年

    【ツイート60】

     天川村行者まつりの鬼。カラコンでデコレートされた鋭い目つきと、異様な化粧で印象的な顔の一部だけを切り取り、威圧感を表現した。


    「とびっきりの笑顔」 井上華歩(18)愛媛県立大洲農業高校3年

    【ツイート60】

     老夫婦の笑顔が素敵でした。私もこんな年を重ねていけたらいいと思いました。


    「放課後のマリリンモンロー」 吉野詩織(16)山口県立下松高校1年

    【ツイート60】

     悪戯な風が友人のスカートをはためかせた一瞬を収めました。その時の彼女は、チャーミングなマリリンモンローのようでした。


    「ジャーンプ!」浜田真由美(16)熊本・八代白百合学園高校2年

    【ツイート60】

     翼を大きく広げた少女は丸太の間を跳んでゆく。楽しそうな顔の彼女は、このままどこかへ行けそうなほどの大ジャンプをした。


    「はじける」 銘苅紋華(18)沖縄県立浦添工業高校3年

    【ツイート60】

     水の動きや形が面白く、空も晴れていたので、夏を感じる写真になりました。


    「子どもの世界」(3枚組の1枚)津波古彩夏(17)沖縄県立知念高校2年

    【ツイート60】

     変な行動をとったり、突拍子もないことを聞いてきたり、少し前までは自分もその世界の中にいたのかと不思議に感じた。


    「つなぐヒロシマ」阿戸美由紀(広島県立広島井口高等学校2年)

    「虚像の恋人」 三角沙織(福岡・西南学院高校2年)

     

    高校生部門こちら
    高校生部門 入選作品こちら

    2016年02月23日 14時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと