文字サイズ

    「特別な制度」を継続協議…北方4島経済活動

    • 日露次官級公式協議に臨む秋葉剛男外務審議官(右から2人目)とロシアのモルグロフ外務次官(左列手前から4人目)ら(18日午前10時9分、東京都港区の外務省飯倉公館で)=武藤要撮影
      日露次官級公式協議に臨む秋葉剛男外務審議官(右から2人目)とロシアのモルグロフ外務次官(左列手前から4人目)ら(18日午前10時9分、東京都港区の外務省飯倉公館で)=武藤要撮影

     日露両政府は18日、東京都内で、北方4島での「共同経済活動」に関する初めての次官級公式協議を行った。

     日露双方が漁業、観光、医療、環境などの分野についてそれぞれ具体案を提示。今後、双方の立場を害さない「特別な制度」の設計に向け、継続協議することになった。安倍首相は4月下旬に訪露する方向で調整しており、プーチン大統領との首脳会談で共同経済活動の具体化について合意を目指したい考えだ。

     協議では元島民らの4島訪問の仕組み改善も議題となり、旅券や査証(ビザ)なしで行う墓参について、航空機活用に向けた実務的な検討を行うことや、現在、国後島・古釜布ふるかまっぷ沖に限られている出入域手続き地点の複数化に向けた調整を進めることなどで一致した。

    (ここまで320文字 / 残り280文字)
    2017年03月18日 22時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP