文字サイズ

    日露、対北緊密連携で一致…首相の4月訪露確認

    • 握手する(右から)稲田防衛相、岸田外相、ロシアのラブロフ外相、ショイグ国防相(20日午後、東京都港区で)=代表撮影
      握手する(右から)稲田防衛相、岸田外相、ロシアのラブロフ外相、ショイグ国防相(20日午後、東京都港区で)=代表撮影

     日露両政府は20日、約3年4か月ぶりとなる外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を東京都内で開き、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、さらなる挑発行動の自制や国連安全保障理事会決議の順守を強く求めるとともに、緊密に連携していく考えで一致した。

     両政府は協議に先立ち、外相会談、防衛相会談も開催。外相会談では安倍首相が4月下旬に訪露し、プーチン大統領と首脳会談を行うことを確認した。

     日露2プラス2は2013年11月に初めて開催された。しかし、14年にロシアがウクライナ南部クリミアを併合したことが影響し、開催が途絶えていた。協議には日本から岸田外相、稲田防衛相、ロシアからラブロフ外相、ショイグ国防相が出席した。

    (ここまで305文字 / 残り314文字)
    2017年03月20日 21時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP