文字サイズ

    退位特例法案を閣議決定…今国会で成立の見通し

    • 閣議に臨む安倍首相(中央)ら(19日午前、首相官邸で)=青山謙太郎撮影
      閣議に臨む安倍首相(中央)ら(19日午前、首相官邸で)=青山謙太郎撮影

     政府は19日午前の閣議で、天皇陛下の退位を実現する特例法案を決定した。

     高齢となった陛下のお気持ちに対する国民の共感を明記した上で、退位後の呼称を「上皇」とするなど具体的な制度設計を盛り込んだ。政府は法案を同日中に国会に提出する。法案は今国会で成立する見通しで、退位が実現すれば、1817年の光格天皇以来約200年ぶりとなる。

     法案名は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」。公布から3年以内の施行日に陛下が退位し、皇位継承順位1位の皇嗣こうし(皇太子さま)が直ちに即位すると規定した。施行日は「政令で定める」としている。

     菅官房長官は19日午前の記者会見で、退位日について「全体を見る中で方向性を出していきたい」と述べ、今後調整を進める考えを示した。2018年12月中に退位と即位の儀式を行い、19年元日に改元する案や、年度替わりの19年4月1日に改元する案などを検討している。

    (ここまで394文字 / 残り607文字)
    2017年05月19日 11時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP