文字サイズ

    年金598億円支給漏れ、公務員の妻ら10万人

     厚生労働省は13日、65歳から受け取る基礎年金に一定額を上乗せする「振替加算」について、1991年以降、元公務員の妻ら10万5963人分、計約598億円の支給漏れがあったと発表した。

     未払い額としては過去最大規模で、厚労省は日本年金機構を通じ、11月中旬に全額を支給する。年金機構と共済組合の連携不足が主な原因で、厚労省はシステム改修などの再発防止策を進める。

     振替加算は、国民皆年金となった86年以前に国民年金に任意加入しておらず、年金額が低い人に配慮して91年に導入された。配偶者が65歳になるまでは厚生年金の受給者が加給年金として加算分を受け取り、配偶者が65歳になってからは配偶者本人の基礎年金に振替加算として上乗せする。

    (ここまで316文字 / 残り861文字)
    2017年09月13日 23時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!