文字サイズ

    日中、対北連携を確認…首相は相互訪問を提案

    • 日中首脳会談を前に笑顔で握手を交わす中国の習近平国家主席(右)と安倍首相(11日午後6時26分、ベトナム・ダナンで)=青山謙太郎撮影
      日中首脳会談を前に笑顔で握手を交わす中国の習近平国家主席(右)と安倍首相(11日午後6時26分、ベトナム・ダナンで)=青山謙太郎撮影

     【ダナン(ベトナム中部)=田島大志、後藤香代】安倍首相は11日、ベトナムのダナンで中国の習近平シージンピン国家主席と約50分間会談し、両国の関係改善に向け、首脳間の相互訪問を提案した。

     習氏は「ハイレベルの往来を重視する」と前向きな考えを示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応では、朝鮮半島の非核化に向けて緊密に連携していくことを確認した。

     会談の冒頭で、首相は「来年の日中平和友好条約締結40周年を見据えて、両国の関係改善を力強く進めていきたい」と述べた。習氏は「関係改善のプロセスはやるべきことがたくさんある。努力し、前向きな発展を推進したい」と語った。

    (ここまで286文字 / 残り554文字)
    2017年11月12日 00時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP