文字サイズ

    無責任の極みだ、希望が失望・絶望に…古賀誠氏

     古賀誠・元自民党幹事長と藤井裕久・元財務相は14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、希望の党の小池代表(東京都知事)の代表辞任について語った。

     古賀氏は「無責任の極みだ。本当にこういう都知事で大丈夫かと都民が心配するのではないか」と批判した上で、「希望が失望、絶望になってしまった」と皮肉った。藤井氏は「(代表辞任は)当たり前。都知事は大変な仕事だ」と述べ、小池氏が国政と都政の「二足のわらじ」だったことについて「あり得なかった。自然(な形)に戻った」と指摘した。

    2017年11月14日 22時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP