文字サイズ

    尖閣周辺を航行、中国潜水艦は原潜の可能性

    • 中国国旗を掲げて航行する潜水艦(防衛省提供)
      中国国旗を掲げて航行する潜水艦(防衛省提供)

     政府は12日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を11日に外国籍の潜水艦1隻が航行した問題で、この潜水艦が中国海軍所属と発表した。

     12日午後に潜水艦が東シナ海の公海上で浮上し、中国国旗を掲揚して航行しているのを海上自衛隊護衛艦が確認した。政府は中国側に改めて厳重に抗議し、再発防止を強く要請した。

     尖閣諸島周辺の接続水域で中国潜水艦による航行が確認されたのは初めて。小野寺防衛相は12日夜、「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」と防衛省で記者団に語った。潜水艦の種類については「分析中」と述べるにとどめたが、防衛省は原子力潜水艦の可能性が高いとみて情報収集を進めている。

    (ここまで294文字 / 残り223文字)
    2018年01月13日 08時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集