文字サイズ

    単身世帯、2040年に4割…高齢者独居が急増

     国立社会保障・人口問題研究所は12日、「日本の世帯数の将来推計」を公表した。

     単身世帯(一人暮らし)は2026年に初めて2000万世帯を超え、40年には全世帯のほぼ4割に達すると予測している。特に、65歳以上の高齢者の一人暮らしが急増するとしており、介護や見守りなどの需要が一層高まることが予想される。

     同研究所は5年ごとに推計を実施。今回は15年の国勢調査の結果を基に、同研究所が14年に実施した「世帯動態調査」のデータも用いて25年間の将来推計を算出した。

     推計結果によると、15年に1842万世帯だった単身世帯は、26年に2003万世帯と2000万世帯を突破し、33年から減少。40年時点で全世帯の39・3%にあたる1994万世帯になると予測している。

    (ここまで330文字 / 残り552文字)
    2018年01月12日 23時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集