文字サイズ

    外相、ロヒンギャの村視察…難民帰還へ支援約束

    • イスラム系住民ロヒンギャから話を聞く河野外相(手前右)=13日、ミャンマー西部ラカイン州マウンドーで梁田真樹子撮影
      イスラム系住民ロヒンギャから話を聞く河野外相(手前右)=13日、ミャンマー西部ラカイン州マウンドーで梁田真樹子撮影

     【マウンドー(ミャンマー西部ラカイン州)=梁田真樹子】河野外相は13日、ミャンマー西部ラカイン州のマウンドーを訪問した。

     イスラム系のロヒンギャが迫害された現場で住民の声に耳を傾け、難民の帰還に向けた支援を約束した。

     マウンドーは、ラカイン州の州都シットウェーの北西約100キロに位置する地区。昨年8月、ミャンマー軍と、ロヒンギャの過激派とみられる武装集団が衝突した。外務省によると衝突後、主要国の閣僚が訪問するのは初めてという。

     河野氏はシットウェーからミャンマー軍のヘリコプターで約35分かけて移動し、さらに車で約10分かけて、衝突で一部の地区が焼き払われたパンドーピン村を訪問。復興に向けて家々の建設工事が進む様子や、ロヒンギャの暮らしぶりなどを約2時間にわたり視察した。「家が焼けたので、親戚を頼って仮住まいした」などと当時の惨状を打ち明ける住民もいた。

    (ここまで382文字 / 残り185文字)
    2018年01月13日 20時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集