文字サイズ

    北の制裁回避対策で協力…日・シンガポール外相

     【シンガポール=比嘉清太】河野外相は12日、シンガポールでバラクリシュナン外相と会談した。

     両氏は北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、国連安全保障理事会の制裁決議の完全な履行を含め、圧力を最大限まで高めていく方針を確認した。北朝鮮が公海上で他国船から積み荷を受け取る密輸取引を行っている実態を踏まえ、東南アジアが制裁逃れに利用されないように協力することでも一致した。

     河野氏は会談後、記者団に「(北朝鮮の)制裁回避の動きが巧妙になっている。東南アジアの船が利用されないようしっかり対応してほしいと申し上げた」と述べた。日本政府は、シンガポール企業所有のドミニカ船籍のタンカーが1月、東シナ海の公海上で北朝鮮船籍のタンカーに積み荷を移し替える密輸取引を行った事実を把握しており、河野氏はこれを受けて問題を提起したものとみられる。

    (ここまで362文字 / 残り164文字)
    2018年02月12日 20時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待