未来貢献プロジェクト

読売新聞

未来貢献プロジェクト > -環境・テクノロジー- Society5.0で変わるあなたの暮らしと仕事

Society5.0で変わるあなたの暮らしと仕事 2017年12月2日(日)アクロス福岡

2017年11月30日

 「Society5.0(ソサエティー5.0)」という言葉をご存知ですか? 一言でいうと「テクノロジーでワクワクする社会」。自動車が無人で目的地まで到着する社会、ドローンがモノを運んでくれる社会、どこでも安心して医療が受けられる社会、どれもこれも「Society5.0」の一員です。本シンポジウムでは、現在進行形でもあるそんな社会がどのように作られ、どのようなサービスとして現れるのか、関係者が一堂に会して分かりやすく議論いたします。

開催概要

日時:
2017年12月2日(土)
14:00~16:35(開場 13:30~)
会場:
アクロス福岡
福岡市中央区天神1-1-1
●地下鉄空港線「天神駅」から徒歩5分 ●地下鉄七隈線「天神南駅」から徒歩7分 ほか
主催:
内閣官房 日本経済再生総合事務局
共催:
読売新聞

プログラム

主催者挨拶 「日本経済の再生と生産性革命」(ビデオメッセージ)

茂木 敏充氏(内閣府特命担当大臣)

基調講演1 「データ×AIは世の中をどう変えるか?」

安宅 和人氏(ヤフー株式会社 チーフストラテジーオフィサー(CSO))

基調講演2 「福岡市とSociety5.0」(仮)

高島 宗一郎氏(福岡市長)

パネルディスカッション 「変わる暮らしと仕事」

小笠原 治氏(株式会社ABBALab代表取締役/さくらインターネット株式会社フェロー)
安宅 和人氏(ヤフー株式会社 チーフストラテジーオフィサー(CSO))
佐別当 隆志氏(シェアリングエコノミー協会 事務局長)
高島 宗一郎氏(福岡市長)
園田 愛氏(株式会社インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役社長)

コーディネーター:松井 正(読売新聞東京本社専門委員)

※上記プログラムは変更になる場合がございます。
※インターネットにてご応募ください。応募多数の場合は抽選。当選者には登録いただいたメールに聴講券をお送りします。当日、受付メールを印刷してご持参いただくか、メール画面をご提示ください。
※応募に関する個人情報は、聴講券の発送以外には利用しません。

【お問い合わせ】
Society5.0事務局
TEL:03-5510-4059(受付時間10:00~18:00 土・日・祝日除く)
E-Mail:society-event@seminar-reg.jp

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局

ページトップ