GPファイナル

羽生結弦 4連覇

YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

公式練習で調整(12月7日、仏・マルセイユで)

公式練習で調整(7日)

滑走順抽選に臨み、英語で話された説明を宇野昌磨に解説する(7日)

羽生のSPの演技。今季世界最高得点で首位発進(8日)

SPの4回転ループ(8日)

SPの演技。■記事はこちら(8日)

表現力豊かなSPの演技(8日)

演技を終え、笑顔を見せる羽生(右は、ブライアン・オーサーコーチ)(8日)

SPの演技を終え、キス・アンド・クライでプレビューを見ながらブライアン・オーサーコーチと談笑(8日)

SPの演技後、フリーの滑走順抽選に臨む選手たち(前列左から、アダム・リッポン、ネイサン・チェン、羽生結弦、宇野昌磨)(8日)

フリーの滑走順の抽選をする羽生(8日)

直前練習。フリーに向けて調整に余念がない(10日)

直前練習で最終調整する羽生。ブライアン・オーサーコーチと言葉を交わす(10日)

フリーの演技(10日)

精神を研ぎ澄まし、全身を使って演技する(10日)

フリーの演技を終え、観客の声援に応える(10日)

見事にGPファイナル4連覇を達成。メダルを手に笑顔を見せる(10日)

エキシビション(11日)

ここでも観客を魅了(11日)

エキシビションのオープニングでは、ヒット曲「PPAP」とともに入場。(左から)宇野昌磨、宮原知子、羽生結弦。宮原が少し照れながらピコ太郎さんの決めポーズをすると、両脇の2人が盛り上げた(11日)

エキシビションのフィナーレ。笑顔を見せる羽生(中央)(11日)

Special Off Shot
Happy Birthday Yuzuru !

乗り継ぎの便が天候不良の影響で遅延。予定よりも1時間半遅れてフランス・マルセイユの空港に到着した(6日)

空港からホテルへ。ホテルに着く頃には日付が変わる。12月7日は22歳の誕生日(6日)

SPの滑走順抽選の会場で。大会関係者から誕生日プレゼントを受け取る(7日)

大会への意気込みを語る(7日)

【撮影】読売新聞写真部・若杉和希 【制作】読売新聞メディア局
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます