全日本空手道選手権2017

優勝への軌跡

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

 2020年東京オリンピックの追加競技、空手の全日本選手権(個人戦)が12月10日、日本武道館で行われ、体重無差別の男子組手は、渡辺大輔(日本空手松涛連盟)が荒賀龍太郎(荒賀道場)の4連覇を阻止して初優勝した。

 女子組手は植草歩(高栄警備保障)が3連覇。男子形は喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が6連覇し、女子形は清水希容(ミキハウス)が5連覇となった。

開会式 優勝旗を掲げる前回大会の覇者、喜友名諒

開会式 清水希容

開会式 入場行進する植草步

形の決勝に臨む喜友名諒

演武する喜友名諒

形の決勝に臨む清水希容(右)と大野ひかる

演武する清水希容

5連覇を果たした清水希容の演武

女子組手・3回戦 得意の中段突きを繰り出す植草步(右)

女子組手・4回戦(準々決勝) 宮原美穂(右)と多田野彩香

女子組手・準決勝 上段蹴りを決める植草步(左)

準決勝を制し、喜ぶ植草步

女子組手・準決勝 染谷香予(左)と宮原美穂

女子組手・準決勝 染谷香予(左)と宮原美穂

女子・組手
決勝
植草歩―宮原美穂

女子組手・決勝 植草步(左)の上段突き

女子組手・決勝 植草步(左)と宮原美穂

女子組手の頂点に立ち、ほっとした笑顔を見せる植草步

優勝インタビューに応じる植草步

男子組手・4回戦(準々決勝) 西村拳(左)と石塚将也

男子組手・4回戦(準々決勝) 渡辺大輔(左)と篠原浩人

男子組手・準決勝 荒賀龍太郎(左)と香川幸允

男子組手・準決勝 荒賀龍太郎(左)と香川幸允

男子組手・準決勝 石塚将也(左)と渡辺大輔

男子・組手
決勝
荒賀龍太郎―渡辺大輔

男子組手・決勝 荒賀龍太郎(左)と渡辺大輔

男子組手・決勝 荒賀龍太郎(左)と渡辺大輔

初優勝し、インタビューに応じる渡辺大輔

(左から)喜友名諒、清水希容、植草歩、渡辺大輔

女子組手で3連覇した植草歩

記念撮影する女子形の入賞者たち

YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます