2215試合連続出場

追悼・「鉄人」衣笠祥雄さん

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

 プロ野球・広島東洋カープの元内野手で「鉄人」と呼ばれ、2215試合連続出場の世界記録(当時)を樹立、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さんが23日、亡くなった。71歳だった。

ソロ本塁打を放つ衣笠選手(1979年9月5日撮影)

豪快なフルスイングが魅力だった(1982年6月19日撮影)

選抜高校野球に出場した、平安高校時代の衣笠選手(中央)(甲子園球場で・1964年撮影)

キャンプでの衣笠選手。当時は捕手だった(1965年撮影)

大リーグ・インディアンスの元ヘッドコーチのルーツ氏に指導を受ける衣笠選手

オールスターゲームで強打者が勢ぞろい。左から、田淵幸一(阪神)、衣笠祥雄、王貞治(巨人)の各選手。後楽園球場で

衣笠祥雄選手(1986年3月頃撮影)

山本浩二選手(右)と抱き合う衣笠選手。ともに「赤ヘル打線」の中軸を担った(1984年10月10日撮影)

2131試合連続出場の世界記録を達成。花輪を手にファンにこたえる衣笠選手(1987年6月13日撮影)

ナインの胴上げで地元・広島市民球場に別れを告げる衣笠選手(1987年10月15日撮影)

国民栄誉賞を受賞し、正子夫人(左)中曽根康弘元首相(右)と記念撮影する衣笠選手(1987年6月22日撮影)

長嶋茂雄さんと松井秀喜さんの国民栄誉賞表彰式で、松井さんに花束を渡す衣笠さん(右)(2013年5月5日)

インタビューに答える衣笠さん(2015年3月3日撮影)

(2018年4月24日)

YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます