緊急グラフ特集

熊本地震 不安な一夜

YOMIURI ONLINE
制作・著作 読売新聞

避難した住民であふれる益城町役場の駐車場(14日午後11時14分、熊本県益城町で)=愛野翔太郎撮影

屋外に避難した住民ら(14日午後11時40分、熊本県益城町で、読売ヘリから)=中嶋基樹撮影

校庭に避難した住民たち(14日午後11時51分、熊本市で、読売ヘリから)=中嶋基樹撮影

記者会見する気象庁の青木地震津波監視課長(14日午後11時52分、気象庁で)=菅野靖撮影

けが人の治療に当たる病院スタッフら(14日午後11時56分、熊本市南区の熊本中央病院で)=大野亮二撮影

線路上で立ち往生した九州新幹線の車両から担架で降ろされる人。右側車両の窓には乗客とみられる人が見える(15日午前0時26分、熊本県玉名市で、読売ヘリから)=中嶋基樹撮影

駐車場に避難してきた住民ら(15日午前0時34分、熊本県益城町で)=浦上太介撮影

地震を受け、政府の対応について話をする安倍首相(15日午前0時35分、首相官邸で)=伊藤紘二撮影

けが人を搬送する救急隊員ら(15日午前0時45分、熊本県益城町で)=大原一郎撮影

住人が取り残され、救助作業が行われる倒壊した家屋(15日午前0時55分、熊本県益城町で)=大原一郎撮影

倒壊した家屋から行方不明者を捜す警察官ら(15日午前4時57分、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

行方不明者を捜索する警察官らを毛布にくるまって見守る住民たち(15日午前5時2分、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

校庭で一夜を明かした避難者(15日午前5時47分、熊本市で)=瀬戸聡仁撮影

屋外で毛布にくるまり朝を迎えた住民たち。余震で眠れぬ夜を過ごした(15日午前6時8分、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

屋外の駐車場で毛布にくるまって一夜を明かした住民たち(15日午前6時19分、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

炊き出しのおにぎりを作る自衛隊員(15日午前7時、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

YOMIURI ONLINE
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます