緊急グラフ特集

熊本地震 懸命の捜索

YOMIURI ONLINE
制作・著作 読売新聞

前日の雨で足元がぬかるむ中、現場で捜索の可否を調査する警視庁の機動隊員たち(22日午前9時21分)=近藤誠撮影

2人の安否が分からない高台の別荘地で、捜索を再開するための調査をする警察関係者たち(22日午前9時27分、熊本県南阿蘇村河陽で、読売ヘリから)=松田賢一撮影

「ログ山荘火の鳥」周辺を捜索する警察関係者ら(19日午前9時20分、熊本県南阿蘇村長野で、読売ヘリから)=浜井孝幸撮影

土砂にのまれた高台の別荘地で、安否がわからない父親の捜索を見守る長男(中央左)と次男(同右)(19日午後5時34分、熊本県南阿蘇村河陽で)=上甲鉄撮影

土砂崩れに巻き込まれた「ログ山荘火の鳥」付近で安否不明者の捜索をする自衛隊員(18日午前8時10分、熊本県南阿蘇村長野で)=尾崎孝撮影

土砂に埋まった高台の別荘地で安否不明者の捜索を行う災害救助犬(18日午後6時34分、熊本県南阿蘇村で)=沼田光太郎撮影

土砂崩れに巻き込まれた「ログ山荘火の鳥」付近で安否不明者の捜索をする自衛隊員(18日午前7時18分、熊本県南阿蘇村長野で)=尾崎孝撮影

高台の別荘地に押し寄せた土砂を掘り起こし、安否不明者の捜索をする自衛隊員(18日午前8時18分、熊本県南阿蘇村河陽で)=武藤要撮影

流れ込んだ土砂の中で安否不明者の捜索が行われる「ログ山荘火の鳥」周辺(18日午前9時10分、熊本県南阿蘇村長野で、読売ヘリから)=浜井孝幸撮影

行方不明者がいないか、一軒ずつ被災した住宅を調べる警察官たち(17日午前10時23分、熊本県益城町で)=関口寛人撮影

倒壊した家屋を一軒ずつ回り、声をかけて調べる警察官(17日午前9時55分、熊本県益城町で)=沼田光太郎撮影

土砂崩れに巻き込まれた「ログ山荘火の鳥」周辺で、日没時刻を過ぎても安否不明者を捜索する自衛隊員や警察官ら(18日午後7時29分、熊本県南阿蘇村長野で)=長沖真未撮影

YOMIURI ONLINE
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます