赤銅色の月、1時間17分

3年ぶりに皆既月食

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

欠け始めた月と東京スカイツリーの天望回廊(31日午後9時3分、東京都墨田区で)=園田寛志郎撮影

東京タワーと皆既月食(午後8時48分より午後11時23分まで5分間隔で撮影)(31日、東京都港区で)=鈴木毅彦撮影

東京タワー上に見えた皆既月食(1月31日午後10時58分、東京都港区で)=鈴木竜三撮影

赤銅色に鈍く光る皆既月食(下は東京スカイツリー)(31日午後10時42分、東京都墨田区で)=飯島啓太撮影

冬季五輪の開幕が間近に迫った韓国・平昌では、スキージャンプの会場となるアルペンシアジャンプ台の上に、ぼんやりと皆既中の赤い月が浮かんだ(31日午後10時15分、韓国・平昌で)=上甲鉄撮影

東京タワーの上で赤銅色に輝く月(31日午後10時52分、東京都港区で)=鈴木毅彦撮影

赤銅色になった皆既月食(31日午後10時13分、北海道網走市で)=川口正峰撮影

東京スカイツリー上空で見られた皆既月食の連続写真(31日午後8時48分から午後11時50分まで、3~5分間隔で撮影した写真を合成)(31日午後8時48分、東京都墨田区で)=名久井大河撮影

皆既月食(午後8時48分から午後10時21分までの9枚を合成)(31日、北海道網走市で)=川口正峰撮影

観覧車と皆既月食(31日午後9時21分から1日午前0時11分まで5分おきに撮影した写真を合成)(横浜市中区で)=多田貫司撮影

赤銅色に鈍く光る皆既月食(右は東京スカイツリー)(31日午後9時53分、東京都墨田区で)=園田寛志郎撮影

東京スカイツリー展望回廊で開かれた皆既月食観察会には、多くの人が訪れた(31日午後8時49分、東京スカイツリーで)=松本拓也撮影

皆既月食を撮影しようと東京スカイツリーの周囲に集まった大勢のカメラマンたち(31日午後10時24分、東京都墨田区で)=松本拓也撮影

読売新聞は戦前・戦中から現代まで、時代の動きを記録した報道写真を数多く保管し、有料で提供しています。「読売ニュース写真センター」(メール:photodb@yomiuri.com、電話:03・3217・3471)へお問い合わせください。
 フォトアーカイブ「よみうり報知写真館」(https://database.yomiuri.co.jp/shashinkan/)でも写真を探すことができます。閲覧は無料です。
 過去の読売新聞の記事は、オンライン・データベース「読売記事検索」(http://www.yomiuri.co.jp/database/kensaku/)で読めます。利用は月300円(税抜き)から。

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます