オバマ大統領 広島へ

YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

広島への原爆投下から71年。

2016年5月27日、オバマ米大統領は、
現職のアメリカ大統領として初めて広島を訪れて、
平和記念公園の広島平和記念資料館を参観した後、
原爆死没者慰霊碑に献花し、被爆者代表者とも対面した。

オバマ氏は、手伝ってもらいながら
自分で折ったという和紙の折り鶴を持参していた。

その日、広島は青空でオバマ氏を迎えた

原爆ドーム周辺も、厳重な警備がしかれた

現職米大統領の被爆地・広島訪問を伝えようと、海外からも多くの報道陣が集まった

一般客の立ち入りが禁止され、厳重に警備された平和記念公園

姉と妹が被爆者の池上絹代さんは、涙を浮かべながら原爆死没者慰霊碑に手を合わせ、「オバマ大統領が広島を訪れてくれるのは嬉しい。核兵器や戦争のない世界を築いてほしい」と話した

オバマ氏が乗った車を沿道で迎える人たち

厳重な警備の中、平和記念公園に向かうオバマ氏の車列

オバマ氏を一目見ようと、沿道に詰めかけた人たち

安倍首相と広島平和記念資料館を訪れたオバマ氏

オバマ氏は、手伝ってもらいながら自分で折ったという、和紙の折り鶴を持参した

原爆死没者慰霊碑に献花するオバマ氏

献花後、立ったまましばらく黙とうするオバマ氏

オバマ氏が献花した花輪

献花を終え、声明を述べるオバマ氏

被爆者の坪井直さんと握手しながら、笑顔で語り合うオバマ氏

被爆者の森重昭さんを抱き寄せるオバマ氏

参列していた子どもと握手するオバマ氏

安倍首相と原爆ドームに向かうオバマ氏

原爆ドームを見つめるオバマ氏

オバマ氏の広島訪問を伝える読売新聞の号外(JR大阪駅前で)

オバマ氏の訪問後、慰霊碑前に詰めかけた人たち

広島平和記念資料館に残された直筆のメッセージ…「私たちは戦争の苦しみを経験しました。ともに、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう バラク・オバマ」

【制作】読売新聞大阪本社写真部(一部写真は代表撮影)  読売新聞東京本社メディア局企画開発部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます