噴石飛散、1人死亡11人負傷

草津白根山噴火

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

1月23日午前9時59分頃、群馬県西部にある草津白根山の「本白根山(標高2171メートル)」が噴火した。群馬県などによると、近くにある草津国際スキー場で訓練をしていた陸上自衛隊の隊員1人が噴石に当たって死亡したほか、他の隊員7人とスキー客ら4人の計11人が負傷した。ロープウェーの山頂駅には約80人が取り残され、午後5時過ぎまでに自衛隊などに救助された。

噴煙に覆われるスキー場。画面中央に噴石とみられるものが写っている(草津白根山ゴンドラ雲上ライブカメラ、ユーチューブより)

ゲレンデ上に人の姿が見える。画面上部に噴石とみられるものが写っている(草津白根山ゴンドラ雲上ライブカメラ、ユーチューブより)

ゲレンデにいるスキーヤーの上空に噴石とみられるものが写っている(草津白根山ゴンドラ雲上ライブカメラ、ユーチューブより)

噴火し、噴煙に覆われるスキー場(23日、草津国際スキー場で)=黒田昭夫さん提供

黒煙を上げる草津白根山。手前は噴石による雪煙(23日、群馬県草津町で)=小島謙太郎さん撮影

リフトの脇で噴火した草津白根山を見つめるスキーヤー(23日、群馬県草津町で)=小島謙太郎さん撮影

記者会見する気象庁地震火山部の斎藤誠火山課長(23日午後、気象庁で)=高橋美帆撮影

記者会見する気象庁地震火山部の斎藤誠火山課長(23日午後、気象庁で)=高橋美帆撮影

吹雪の中、取り残されたスキー客らを乗せてスキー場の駐車場に下りる自衛隊のヘリコプター(23日午後、群馬県草津町の草津国際スキー場で)=冨田大介撮影

自衛隊のヘリに救助され、下山したスキー客ら(23日午後、群馬県草津町の草津国際スキー場で)=冨田大介撮影

ロープウエー山麓駅周辺に集結した警察、消防、自衛隊ら(23日午後、群馬県草津町で、読売ヘリから)=小林武仁撮影

救出され、医師らから健康状況のチェックを受けるスキー客たち(23日午後、群馬県草津町の草津国際スキー場で)=鈴木毅彦撮影

灰で汚れた上着。噴石によって穴も開いている(23日、群馬県長野原町の西吾妻福祉病院で)

山頂駅にあるレストランの屋根を突き破って落ちてきた噴石(23日、群馬県草津国際スキー場で)

救助されたスキー客らのスノーボードやスキー。火山灰が付着したのか、黒くなっていた(23日、群馬県草津町で)=冨田大介撮影

救助されたスキー客らのスキーやヘルメット。火山灰が付着したのか、黒くなっていた(23日、群馬県草津町で)=冨田大介撮影

雪に覆われた「ロープウェイ山麓駅」(左下の三角の屋根の建物)周辺。右上は草津国際スキー場のリフト(24日午前8時59分、群馬県草津町で、読売ヘリから)=栗原怜里撮影

噴石により破壊されたゴンドラの窓(24日午後0時37分、群馬県草津町の草津国際スキー場で)=鈴木毅彦撮影

噴石により窓が破壊され、火山灰に覆われたゴンドラ(24日午後0時27分、群馬県草津町の草津国際スキー場で)=鈴木毅彦撮影

【作成】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます