文字サイズ

    地質年代に「チバニアン」…国際組織に申請へ

    • 約77万年前の地磁気の逆転を示す地層「千葉セクション」(岡田教授提供)
      約77万年前の地磁気の逆転を示す地層「千葉セクション」(岡田教授提供)

     約77万~12万6000年前の地質年代に「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」と名づけるため、国立極地研究所や茨城大などの研究チームが今月31日、千葉県市原市の地層を、その時代を代表する基準地にするよう国際組織に申請する。

     イタリア南部の2候補地も、イオニア海に由来する「イオニアン」の命名に名乗りを上げており、早ければ来年初めにも審査結果が出る見通し。認められれば、地質学上の時代に初めて日本の地名が付くことになる。

     日本の研究チームが申請するのは、約77万年前に地球の磁場が反転した痕跡を残す「千葉セクション」と呼ばれる地層。現在はN極が北、S極が南を示している地球の磁場はしばしば反転しており、最後の反転は約77万年前とされる。

    (ここまで317文字 / 残り333文字)
    2017年05月18日 14時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP