文字サイズ

    カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増

     寄生虫「アニサキス」による福島県内の食中毒の発生件数が今年既に19件に達し、昨年1年間の11件を大きく超えるなど過去10年間で最悪のペースとなっている。

     うち8件はカツオの刺し身が原因と判明。県は小売店や消費者らに注意を呼びかけている。

     厚生労働省によると、アニサキスの幼虫は長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリで、白い糸のような形をしている。食中毒になると、みぞおちや下腹部に激しい痛みを感じたり、嘔吐おうとしたりする。

     県食品生活衛生課によると、県内でアニサキスを原因とする食中毒は、12~16年は0~3件で推移していた。同課の担当者は「急増した原因はわからない」と話す。ただ、カツオは刺し身で食べる際、他の魚介類と比べて身を厚めに切ることが多い。このため「アニサキスが生きたまま身の内側に残る可能性が高く、発見も難しい」と指摘している。

     同課は、生魚の食中毒予防法の例として、「マイナス20度以下で24時間以上冷凍」「60度で1分以上加熱」「内臓を早く取り除く」「目視でアニサキスを見つける」――などの処理を呼びかけている。

    2018年05月16日 09時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!