文字サイズ

    iPS心筋シート移植を了承、年度内にも実施へ

     iPS細胞(人工多能性幹細胞)から心臓の筋肉のシートを作り、重い心臓病の患者に移植する大阪大の臨床研究計画を、厚生労働省の再生医療等評価部会が16日、条件付きで了承した。

     今後、厚労相の承認を得て、今年度中にもiPS細胞を使った初の心臓病治療が始まる見通し。

     阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが、学内の有識者委員会の審査を経て、3月に同省に計画を申請していた。

     計画では、京都大が備蓄する健康な人のiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変化させて直径数センチの円形シート(厚さ0・1ミリ)に加工。心筋梗塞こうそくなどで心筋の一部が機能しなくなった虚血性心筋症の患者3人(18~79歳)の心臓に、数枚ずつ貼り付ける。このシートは自ら拍動して心機能を補助し、心筋再生を促す成分も出す。弱った心臓の改善効果が見込めるという。

    (ここまで365文字 / 残り276文字)
    2018年05月16日 13時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!