文字サイズ

    被爆70年を経て解明されてきた、生涯にわたる発がんのメカニズム

    稲葉俊哉 広島大原爆放射線医科学研究所長

    • 広島大原爆放射線医科学研究所・稲葉俊哉所長
      広島大原爆放射線医科学研究所・稲葉俊哉所長
    • 図1
      図1

     日本人の2人に1人は、一生のうちにがんになるといわれる。がんになる前にいろいろな原因で亡くなるだけで、日本人は100%がんになるのではないかという考えもあるが、それはやはり違う。85歳とか90歳の方でも、何の病気もない人もいる。日本人は、がんになる人とならない人がいる。それはいつ決まるのか。そのヒントが広島・長崎から得られる。

     アメリカが戦後、「原爆傷害調査委員会(ABCC)」という組織を作った。1975年にようやく日本がかかわって、日米共同の組織の放射線影響研究所となった。12万人の被爆者らを70年ずっと追跡してきた(=図1)。被爆2世の追跡もやっていて、すごい費用とマンパワーをかけている。一人ひとりの放射線量は、爆心地からどれだけの距離にいたか、どういう場所にいたのかで決まる。つまり距離と遮蔽で決まる。一瞬の非常に特別な出来事なので、記憶が鮮明で正確というのが特徴だ。米国の砂漠で核実験をして、日本と同じような建物を建てて放射線量を測ってもみた。こうやって12万人の一人ひとりの放射線量の計算をやった。

     これによって出てきた結果がいくつかある。代表的な一つは、福島でもよく言われたが、100ミリ・シーベルト以上の被曝(ひばく)をするとがんが増えるという結果だ。それ以下だとよく分からないが、それ以上だと確かに増えていることがはっきりと分かる。白血病の出方だけが非常に早い。1947、48年頃から増え始め、1952年がピークと言われている。しかし、その後は減って、目立たなくなっている。それに比べて、胃がんとか肺がんなどの固形がんは、20年遅れて出始めて、今でも被爆者の発症頻度が高い。もう70年になるので、ずっと影響が出続けてしまうのだろうと考えている(=図2)。多くある誤解は、被爆したときにがんが出来て、だんだん大きくなって発見されるというストーリーだが、それは違う。

    • 図2
      図2
    • 図3
      図3

     私たちの体は細胞で出来ているが、寿命の短い細胞と長い細胞がある。短い細胞は数日しか生きられない。皮膚や血液などの細胞だ。一方、120年生きる細胞がある。幹細胞といわれる大事な細胞がおかしくなると、がんになると考えて良い。ここがポイントだ。幹細胞に傷が入るといつまでも残ってしまう。寿命が長いと傷がたまってしまい、それががんと関係してくる。例えば10歳で被曝すると、それが原因でがんになって、そのがんが60年間かけて大きくなるのではない。幹細胞に傷が一つ入り、その傷を持ち続ける。後になって、被曝と関係ない原因で何らの傷が入っていって、最後はがんになる。どれだけ傷が入ったらがんになるかは、昔から議論があるが、六つくらいでがんになると言われている。二つや三つではがんにならない(=図3)。

     しかし、このデザインは単純すぎる。というのも、放影研の研究ではっきりと分かったことは、子どもは大人より放射線によるがんの増加の程度が大きい。これはマウスの動物実験でも同じ結果が出る。まず間違いなさそうな事実だ。そうすると、さっきのストーリーでは説明できない。ここから先は少し想像が入るが、がんになる人と、ならない人がいるという話にやはり落ち着く。なる人は着実に傷が入るが、ならない人は傷が入らない。どこが違うかというと、一つは先天的な遺伝的な要因。もう一つは後天的な生活習慣で、たばこはやはり強烈で、放射線よりも怖い。太り過ぎは良くないし、やせすぎも良くない。

     50歳のときに被曝したとしても、その時点ではがんになる人はもう決まっている。がんにならない人は、放射線の影響があまり出ない。がんになる人は若い時に放射線を浴びることで、ほかの病気よりも先にがんが出る可能性がある。一方、本来、がんにならないはずの人が若い時に浴びると、傷が広がりやすくなることがあるようだ。具体的に何が起こって子どもの頃の被曝の傷が広がるのかは少しずつわかっているが、すごく難しい話だ。しかし、どちらにせよ子どもはやはり守ってやらなくてはいけない。

     広島、長崎の原爆疫学調査は、「人類史上最も悲しくて正確な疫学データ」と話している。なぜ理想的な科学データが取れたかというと、疫学の理想に沿っている。統計上でかたよりが少ない巨大な集団を調べるのが理想だが、かたよりを排除するのは難しい。最初に設定した集団のかたよりは、その後の努力では修正できないことが多い。何でもない夏の朝、生活していた人の頭の上で原爆が投下されたので、原爆疫学調査の集団は年齢や性別などのかたよりが少ない。しかも、戦勝国だから調査できた。だから、理想の科学的データが出た。一人ひとりの正確な線量データを作り、70年間観察して出てきた答えだ。どれをとっても、比類するものがない。それで大事なことがわかった。100ミリ・シーベルト以上では影響がでる。さらに大事なことは、遺伝的な影響は認められない。それが70年の成果だ。

     福島第一原発事故ではいろいろなことが起きたが、出てきた結果は、子どもの甲状腺の被曝線量はチェルノブイリの10%以下だったことだ。10倍違えばかなり違う。福島県では、県民健康調査を行っていて、私も検討会のメンバーだ。甲状腺の超音波検査、健康診断、妊婦さんに関する調査を行っている。福島の子ども達を見守るということに尽きる。子どもが放射線を浴びるとよくない。50歳の人が浴びるのとは意味が違う。そこをしっかりと見守りたい。福島での被曝量は、チェルノブイリよりけた違いに少ない。18歳以下の全県民に対して、定期的に甲状腺を超音波検査で調べ、がんを早く見つけてしっかりと治そうとしている。

     ただ、ここから話が迷走する。「子どもたちを見守っているのですよ」と申し上げても、多くの方から「がんが増えたのですか、増えるのですか」と言われる。増えたかどうかは、発生率が問題になる。人口当たりどれくらい甲状腺がんになるかという頻度は、調査方法によってまったく異なる。病院で治療した患者さんの数と、超音波でエコーをあてて見つかる数、甲状腺がん以外で亡くなった方を徹底的に調べて見つかった数は、まったく異なる。いろいろなデータを総合して考えてみると、福島は、チェルノブイリに比べて被曝線量が10分の1以下で、がんが多発する事態は想定していない。「寄り添って見守っていく」というのが、私達の考え方だ。

    稲葉俊哉(いなば・としや)
     1983年東京大医学部卒。埼玉県立小児医療センター、自治医科大講師などを経て、2013年から現職。

    【質疑応答】

      広島・長崎の被爆者がんの種類は

      大腸がんや肺がん、胃がんなどがあるが、特にこれが多いというのはない。

      被爆で亡くなった人は、熱によって亡くなった人が多いのか

      爆心地はものすごい熱だし、放射線も天文学的な量を浴びる。それと爆風もある。分けることが難しく、被爆と表現されている。

      被爆者のがん発生の頻度は、被爆しなかった場合とどれくらい違うのか

      広島は爆心地から1・2キロくらい離れたところで1シーベルトの被曝。そういうところで1・5倍というのがよく言われている数値だ。

     ◇知の拠点セミナー 全国の国立大学が共同で利用する研究拠点の成果を一般向けに紹介する連続講座。毎月1回、東京・品川で開いている。日程や参加申し込みは、セミナーのホームページへ。

    2015年06月23日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP