文字サイズ

    「放射線と甲状腺がん ヒバクシャ研究からのメッセージ」「照準を合わせろ! がんに対する放射線治療の現状と課題」

    • 中島正洋教授
      中島正洋教授
    • 原田浩氏
      原田浩氏

    「放射線と甲状腺がん ヒバクシャ研究からのメッセージ」

    長崎大・原爆後障害医療研究所 中島正洋教授

     原爆被爆者の研究から、甲状腺がんでは、大人が放射線に被曝(ひばく)しても発がんリスクへの影響はみられないが、子供は被曝した年齢が若く線量が多いほどリスクが高まることがわかってきた。

     福島第一原発事故後の検診で見つかった甲状腺がんと被曝との関係を懸念する声があるが、子供の甲状腺がんが多発したチェルノブイリ原発事故と比べ、福島では患者の平均年齢が10代後半と比較的高く、住民の被曝線量もはるかに少ないことなどから、放射線の影響は考えにくい。

     個々の事例が被曝によるものかどうか判別する手法はみつかっていない。遺伝子の異常を細かく調べることで判別できないか、動物実験などで研究している。

    「照準を合わせろ! がんに対する放射線治療の現状と課題」

    京都大・放射線生物研究センター 原田浩教授

     がんの放射線治療は外科手術より体の負担が軽く、高齢者にも適し、完治が望める一方で、周辺の臓器が被曝するリスクもある。

     これを克服するため、IT(情報技術)などを活用した治療の高精度化が進められてきた。例えば高線量を一方向だけから照射するのではなく、線量を分割して多方向から照射することで、病巣に放射線を集中し、周辺臓器への被曝を抑えられるようになった。

     がんが急増殖する過程で点々と位置を変えながら現れ、放射線が効きにくい「放射線抵抗性がん細胞」も課題だ。こうした細胞を標的にした抗がん剤の研究開発が世界で進められている。(10月20日開催)

     全国の国立大が研究の最前線を紹介する月1回の公開講座。日程や参加申し込みは、セミナーのホームページへ。

    2017年12月27日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!