文字サイズ

    ネットで話題の映像作品「2045」…作者の中学3年生にインタビュー

    • ネットで話題となっている中学3年生が作った映像作品「2045」のオープニング
      ネットで話題となっている中学3年生が作った映像作品「2045」のオープニング
    • 卒業ムービーの制作で先生に演技指導するA君
      卒業ムービーの制作で先生に演技指導するA君

     中学3年生が独力で自主制作したとして、ネットで話題となっているCG映像作品「2045」。驚異的なクオリティーと、脚本や演出まで一人で手がけた構成力の高さに、「すごい才能」「本当に中学生?」と大きな反響を呼んでいる。読売新聞はこの若き映像作家に、卒業式翌日の18日、単独インタビューした。驚異の才能の秘密と、その素顔とは?

     →映像作品「2045」はこちら

     →ユーチューブ動画はこちら

     東京・文京区のお茶の水女子大学付属中学。前日の卒業式の余韻が残る校舎の中庭で、話題の映像の製作者「38912DIGITAL」こと、同中学3年生A君(15歳)は、卒業ドラマ制作の真っ最中だった。映像を安定させるスタビライザー付きビデオカメラを構え、「フライパンで光線を打ち返して!」と先生に演技指導する姿は、まさに若き映像作家。後で自分のPCで特殊加工して、完成させるという。

     「作品への反響の大きさに驚いてます。もっとゆっくり話題になるかと思った…」と、とまどいながらもしっかりと語るA君は、身長1メートル78センチ、黒縁メガネの向井理に似たイケメン少年だ。動画をネットに公開した動機を、「CGソフトのコミュニティーの人に、ぜひ見てほしかったから」と語る。

     幼稚園の頃から、工作でビルや電柱を作るのが好きだった。小学1年生の時、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見て映像効果の魅力を知り、その続編で街が壊れるシーンに感激、ゴジラやガメラなど昭和の特撮映画を見まくったという。小学3年生ごろから、独学でCGや特殊効果を学び始め、6年生の自由研究は、小学校の模型をLEDの光で爆破する映像だった。

     ユーチューブに作品を投稿したのは2月19日。人工知能や技術が極限まで進んだ「技術的特異点」の2045年を舞台に、世界がハッキングされ崩壊に至る様子を描いた。ハリウッド映画のような映像効果と巧みな構成は、大きな反響を巻き起こし、90万回以上再生されている。

     ユーチューブのコメントには「ハリウッドからスカウトが来るのでは?」「これがデジタルネイティブか…」と称賛の声が上がる一方、「自称中学生で、親が手伝ったのでは?」と疑う声も。当人は、「ALWAYSのプロデューサーである奥田誠治さんらにコメントをもらえたのがうれしかった。全部自分でやったので、いつかは信じてくれる」とのんびり構えている。

     オープンソースのCG制作ソフト「ブレンダー」は、無料だが使い勝手が悪い。「実は4年生の時挑戦したけど、難しくて挫折したんです」という。その後、プログラマーの父が解説本を買ってくれて再挑戦し、ものにした。「父とは違う分野ですが、コンピュータに関する理解はあって、色々と励ましてくれて感謝してます」と笑う。

    • ノートPCで作品の制作過程についてていねいに説明してくれたA君
      ノートPCで作品の制作過程についてていねいに説明してくれたA君
    • いつも制作ノートに破壊シーンの絵コンテなどを書き込んでは、構想を練っているという
      いつも制作ノートに破壊シーンの絵コンテなどを書き込んでは、構想を練っているという

     今回の作品は、実写映像の撮影やCG制作、ナレーションなども全て独力で行った。学校の自主研究テーマとして取り組んだもので、「父から技術的特異点の話を聞いて、さらに技術的なことを深めていきたいと思い、これまで作りためてきたレインボーブリッジや東京スカイツリーなどの破壊映像を、それだけではつまらないのでストーリーをつけて作品としてまとめて作ったものです。ストーリーへの批判は多いけど、後付けなので当然なんです」と笑う。

     付属高は女子校のため、4月からは埼玉県の高校に遠距離通学する。電車の中で、合格祝いに買ってもらったタブレットPCで、映像作品を作るのが楽しみだという。「高校で映画部に入り、将来は最先端の技術を扱う映像制作の仕事をしたい」というA君。担任の中島義和教諭も、「周りを楽しませるのが大好きで、映像以外にも時間割やポスターなど自発的に作ってくれる。自己表現が大好きなので、何かやってくれそう」と、未来のクリエーターに期待している。

     A君は19日午後、同校で開かれる第3回ICTフォーラム「ICT活用教育のこれからを考える」にも、中学生メディアクリエーターとしてゲスト出演する予定だ。

     +「2045」メイキング映像はこちら

     

    あわせて読みたい

    驚異の映像作品「2045」…作者の中学3年生と一問一答

    2016年03月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP