文字サイズ

    驚異の映像作品「2045」…作者の中学3年生と一問一答

    • 橋が崩落するシーンは空撮映像ではなく、全て3DCGで作られている
      橋が崩落するシーンは空撮映像ではなく、全て3DCGで作られている

     世界の未来をCG(コンピューターグラフィックス)と特殊効果で描いた映像作品「2045」が、ネットで評判を呼んでいる。この作品を独力で作り上げた「38912DIGITAL」さんは、東京・文京区にあるお茶の水女子大学付属中学校の3年生だ。同校を卒業したばかりの彼に、映像制作にかける思いやエピソードを聞いた。(読売新聞メディア局専門委員・松井正)

     →映像作品「2045」はこちら

     →ユーチューブ動画はこちら

     大きな反響を呼んでいますが、今の感想は

     正直言って、とまどっています。もっとゆっくりと話題になってくれたらうれしいな、というぐらいに思っていました。

     今回はどうしてユーチューブにアップしたのですか

     オープンソースのCG制作ソフト「ブレンダー」を活用したのですが、とても難しくて、ネットのコミュニティーの情報に助けられました。そこで、コミュニティーの人たちに、「こんな作品ができた」と伝えたくて。これまで父から、ネットのコミュニティーに書き込みは禁止されていたのですが、高校生になる機会に、書き込みも許可されましたし。

     反応をどうとらえていますか

     うれしいです。僕は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見たのがきっかけで、特殊効果に関心を持ったので、この映画のプロデューサー奥田誠治さんや、監督の山崎貴さんらにコメントをもらえたのが、何よりうれしいです。

     周りの反応はどうですか

     父は映像分野ではありませんが、プログラマーの仕事をしています。今回の反響をとても喜んでいて、ツイッターなどの評判をコピーして記録しています。先生も喜んでくれ、ICTフォーラムで発表することになりました。

    • 建物の爆破シーンが最初に完成し、ストーリーは後付けでできたという
      建物の爆破シーンが最初に完成し、ストーリーは後付けでできたという
    • 制作ノート(手前)と、学校に提出する予定の報告書
      制作ノート(手前)と、学校に提出する予定の報告書

     今回の作品を作ろうと思ったきっかけは

     学校の自主研究で、渋谷の街や東京スカイツリーなどの破壊映像を、中学2年生の後期から作り始めました。全体の発表会にも選ばれて、映像を紹介したところ評判が良かったので、まとめてみようかと。ちょうど父に「技術的特異点」の話を聞き、技術も深めたいと考え、ストーリーをつくりました。最後のメッセージは、電車の中で考えついたものです。ストーリーが浅いという批判は、後付けなので実は当然なんです。

    • オープニングシーンの絵コンテ。緻密に作成されている
      オープニングシーンの絵コンテ。緻密に作成されている
    • ノリと消しゴムがボールペンに変身するシーンの説明。自分の手を撮影して作った
      ノリと消しゴムがボールペンに変身するシーンの説明。自分の手を撮影して作った

     映像制作に関わったきっかけは

     幼稚園のころから、工作で電柱やビルなどの建物を作るのが好きでした。小学1年生の時に映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で映像の特殊効果に目覚め、続編で建物が破壊される映像に感激しました。その後、日本の特撮映画をたくさん見て、素晴らしいと感じた。その後小6の時、東京都現代美術館で開かれた展覧会「特撮博物館」に父に連れて行ってもらって大感激し、20回は行きました。展示最終日、最後の入館者は僕だったんです。ここで、一生懸命に建物を壊している人がいることを知り、特撮を作りたいと思って、小学校の自由研究では、学校の模型を爆破しました。

     独学で技術を学んだのですか

     無料のソフト「ブレンダー」は、大変高機能ですが、とても難しくて、小学4年の時に一度使おうとしたのですが、挫折したことがあります。しかし6年になって、父がブレンダーの解説本を買ってくれました。これで次々と学んでいきました。また、ブレンダーのネットのコミュニティーからも知識を得て、外国のサイトではグーグル翻訳で意味を理解しながら、知識を増やしました。

     どのように作っていったのですか

     建築物の破壊シーンを作ることが主目的でした。レインボーブリッジのシーンは、よく「空撮したのか」と聞かれますが、一つ一つのビルを3Dで作っています。橋の角度を変えると、実はおかしな構造です。スカイツリーは、周りの景色を撮影し、スカイツリーだけはモデリングしました。渋谷の街が崩壊するシーンも、建物を作り込み、ロゴを変えたりしてかなり凝ったつもりです。廃虚の映像は、2次元の画像に加工しました。

    • 渋谷の街の爆破シーンでは、看板の企業名を変えるなど手をかけた作りとなっている
      渋谷の街の爆破シーンでは、看板の企業名を変えるなど手をかけた作りとなっている
    • ビデオカメラを手に、先生に卒業ドラマの演技を説明するA君
      ビデオカメラを手に、先生に卒業ドラマの演技を説明するA君

     今回、匿名で取材に応じた理由は

     幼稚園と小中学校ではとても自由に、何でもやらせてもらって感謝しています。これから高校に入ると環境が変わるので、何があるかわからず、どれだけ作品が作れるかもわかりません。落ち着くまで、まずは匿名でいこうと父と決めました。

     「38912DIGITAL」の意味は

     名前のゴロ合わせの数字に、ある数式を掛け合わせた数字です。詳しく言うと名前がわかってしまうので、これ以上は…。

     卒業式はどうでしたか

     学生服の第2ボタン以外、全部持っていかれました。つまり、義理チョコみたいなものです…。

     将来の目標は

     4月からは長距離通学になるので、電車の中で色々考えたり制作できたりすることが楽しみです。技術は常に進化するので、大人になった時に、どんな技術ができているかはわかりませんが、常に最先端の技術を追いかけて、映像制作できるような仕事につきたいと思います。

     +「2045」メイキング映像はこちら

     

    あわせて読みたい

    ネットで話題の映像作品「2045」…作者の中学3年生インタビュー

    2016年03月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP