文字サイズ
    ITジャーナリスト三上洋さんが、サイバー犯罪から身を守る術や情報流出対策などを解説します。

    ギャラクシーノート7の発火原因を推理する

     韓国・サムスン電子のスマートフォン・ギャラクシーノート7(Galaxy Note7)は、発火・爆発問題により生産・販売が中止された。9月にリコールで交換したにもかかわらず、交換後の製品でも発火事故を起こしたためだ。原因究明には時間がかかると思われる。(ITジャーナリスト・三上洋)

    リコールで交換後も航空機内で発火事故

    • サムスン電子のギャラクシーノート7のウェブサイト。生産・販売中止により、商品案内は削除され「電源を切って販売店に連絡を」という案内に変わっている(日本では未発売)
      サムスン電子のギャラクシーノート7のウェブサイト。生産・販売中止により、商品案内は削除され「電源を切って販売店に連絡を」という案内に変わっている(日本では未発売)

     10月11日に韓国・サムスン電子は、「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」の生産・販売中止を発表した。相次ぐ発火・爆発問題を受けて、サムスン電子は生産・販売を打ち切り、別製品への交換や返金に応じることを決めている。

     これまでの経緯をまとめておこう。サムスンのスマートフォンに詳しい携帯研究家・山根康宏氏がまとめた記事「Galaxy Note 7生産終了までの経緯をまとめ:山根博士の海外スマホよもやま話」を参考にしている。

    ●ギャラクシーノート7販売中止までの流れ

    ・8月19日 ギャラクシーノート7発売。新機能搭載のスタイラスペン、虹彩認証、シリーズ初の防水・防塵(ぼうじん)などが特徴のハイエンドモデル(日本では未発売)

    ・8月下旬~ 発売直後から発火、爆発事故の報告あいつぐ

    ・9月2日 サムスン電子がリコール。不具合品を交換することを発表。原因はバッテリーにあるとした。これを受けて航空機内で使用が禁止に

    ・9月下旬~ 不具合品の交換開始

    ・10月4日 交換後のギャラクシーノート7が、サウスウエスト航空の航空機内で発火事故を起こす

    ・10月11日 サムスン電子がギャラクシーノート7の生産・販売を中止。全製品を交換もしくは返金する

     バッテリーが原因だとして9月2日にリコール・交換を実施したのに、交換後の製品でも発火事故を起こしたことが最大の問題だ。1度のリコールであれば取り返しがついただろうが、交換後にも航空機内で発火したこと、さらにこの時は電源を切った状態だったと報道されていることも問題になっている。

    充電の電子回路・プログラムに問題?

    • ノート7の販売打ち切りを案内する貼り紙が張られた携帯電話販売店。韓国では返金や製品交換の手続きが始まり、購入者が相次いで来店した(10月13日、ソウルで)
      ノート7の販売打ち切りを案内する貼り紙が張られた携帯電話販売店。韓国では返金や製品交換の手続きが始まり、購入者が相次いで来店した(10月13日、ソウルで)

     ギャラクシーノート7が発火・爆発事故を起こす原因は、まだ判明していない。9月2日の1度目のリコールでは、サムスン電子は「バッテリーに問題がある」としていた。

     英紙ファイナンシャル・タイムズなどの報道によれば、ギャラクシーノート7のバッテリーは2社から供給されており、サムスン電子の子会社・サムスンSDIが約7割、TDKの香港の子会社・アンプレックステクノロジー(ATL)が約3割のバッテリーを供給していた模様だ。このうちのサムスンSDI社製のバッテリーに問題があり、最初のリコールではバッテリーがサムスンSDI社製からATL社製に変更されたと各紙が報道している。

     しかし交換後にも発火事故を起こしたことから、バッテリーだけが原因とは考えにくくなった。

     筆者が推測するに、原因として三つのことが考えられる。一つ目は充電回路・プログラムに欠陥がある可能性だ。リチウムイオン電池は発熱しやすいバッテリーであり、どのスマートフォンでも高熱になると膨張したり発火したりする可能性がある。そのため過充電にならないようコントロールし、温度に合わせて充電電流や消費電流を抑えたりする仕組みが不可欠だ。

     ギャラクシーノート7では、このリチウムイオン電池への充電や発熱制御の部分に問題があった可能性がある。特に急速充電では電流が多く流れることから、急速充電での回路設計・プログラミングを疑うべきだろう。

     推測の二つ目は、防水・防塵との関係だ。ギャラクシーノート7では、ギャラクシーノートシリーズでは初めて防水・防塵対応となっている。水やホコリが入らないような機構になっているのだが、これにより熱が逃げにくくなり、発火につながる可能性が考えられる。

     三つ目はバッテリー自体が不良品である可能性だ。1度目のリコールで問題のないものと交換しているはずだが、対応を急ぐあまりリチウムイオン電池の一部に不良品が混じってしまった可能性も調査すべきだ。

     いずれも筆者の推測だが、三つの要素が複合的に影響していることも考えたほうがいいだろう。サムスン電子ジャパンの広報担当は「グローバルで徹底した原因究明に努めており、現時点でどんな原因が想定されるかについてはコメントできない」としている。

    ブランド全体に影響も

     生産・販売が中止された「ギャラクシーノート7」は、スマートフォンとタブレットの中間的なジャンルにあたるモデルだ。スタイラスペンを内蔵しており、比較的大画面で画像・動画編集などがスムーズにできることが特徴である。

     サムスン電子はギャラクシーノート7の生産・販売中止の影響により、2016年7~9月期の連結営業利益を2.6兆ウォン(約2400億円)下方修正している。しかしギャラクシーブランド全体への影響を考えると、それ以上に利益が落ちる可能性もある。

     サムスン電子は、世界のスマートフォンのシェア第1位だ。ギャラクシーブランド全体のイメージを守るためにも、ギャラクシーノート7発火事故の原因をきちんと究明して発表する必要があるだろう。

     なおギャラクシーノート7に限らず、他のスマートフォンでもバッテリーの扱いは慎重に行う必要がある。高温の場所、たとえばクルマのダッシュボード、暖房機器の近くなどで充電してはいけない。高熱によりバッテリーの寿命が短くなり、最悪の場合は膨張・発火したりする可能性があるからだ。スマートフォンの充電は熱のこもらない場所でやること、これだけは覚えておいてほしい。

    2016年10月14日 18時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    三上洋   (みかみ・よう
     セキュリティ、ネット活用、スマートフォンが専門のITジャーナリスト。最先端のIT事情をわかりやすく解き明かす。テレビ、週刊誌などで、ネット事件やケータイ関連の事件についての解説やコメントを求められることも多い。
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!

    今月の特集「みんなにHappy Christmas!!」

    幾つになっても楽しいクリスマス