• 結成から来日まで
  • ビートルズ武道館に来る
  • マイ・セットリスト

マイ・セットリスト

ビートルズとその作品は、いくつもの世代を超えて世界中で愛されている。
今、ライブで聞いてみたい夢のセットリスト10曲を、各界のビートルズファンに聞いた。

setlist
back

ティム・ヒッチンズ(駐日英国大使)

1962年生まれ。83年ケンブリッジ大学卒業、同年英国外務省入省。駐パキスタン英国高等弁務官事務所政治部長、英国外務省アフリカ部長、駐フランス英国大使館公使などを経て、2012年2月より現職。日本語も堪能。

1962年生まれ。83年ケンブリッジ大学卒業、同年英国外務省入省。駐パキスタン英国高等弁務官事務所政治部長、英国外務省アフリカ部長、駐フランス英国大使館公使などを経て、2012年2月より現職。日本語も堪能。

1962年生まれ。83年ケンブリッジ大学卒業、同年英国外務省入省。駐パキスタン英国高等弁務官事務所政治部長、英国外務省アフリカ部長、...

setlist
back

高嶋 弘之(高嶋音楽事務所社長)

東芝レコード時代に、ビートルズ担当ディレクターとして日本語タイトルを決めると共に、自ら宣伝を展開して一大ブームを作り上げた。そのあと日本人アーティスト担当ディレクターとして、和製ポップス、カレッジ・ポップス・ブームを仕掛け、黛ジュン、由紀さおり、フォーク・クルセダーズ、谷村新司等をデビューさせた。東芝のあと、キャニオン・レコード(現ポニーキャニオン)を経て、ポリグラム・グループ(現ユニバーサル)の中にあって、チャペル・インターソング社長、ロンドン・レコード副社長、ポリドール・レコード常務などを歴任。現在は、高嶋音楽事務所を主宰して、数多くの人気クラシック・アーティストをプロデュースしている。

東芝レコード時代に、ビートルズ担当ディレクターとして日本語タイトルを決めると共に、自ら宣伝を展開して一大ブームを作り上げた。そのあと日本人アーティスト担当ディレクターとして、和製ポップス、カレッジ・ポップス・ブームを仕掛け...

東芝レコード時代に、ビートルズ担当ディレクターとして日本語タイトルを決めると共に、自ら宣伝を展開して一大ブームを作り上げた。そのあと日本人アーティスト担当ディレクターとして...

setlist
back

湯川 れい子(音楽評論家・作詞家)

作詞家として『ランナウェイ』『恋におちて』など日本歌謡界のビッグヒット作品多数。ラジオDJやインタビュアーとしても活躍し、音楽評論家としてポップス&ロック界の海外スターとの親交も深い。自身が選曲したコンピレーション・アルバム『湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 洋楽セレクション』が6月15日に発売された。

作詞家として『ランナウェイ』『恋におちて』など日本歌謡界のビッグヒット作品多数。ラジオDJやインタビュアーとしても活躍し、音楽評論家としてポップス&ロック界の海外スターとの親交も深い。...

作詞家として『ランナウェイ』『恋におちて』など日本歌謡界のビッグヒット作品多数。ラジオDJやインタビュアーとしても活躍し、音楽評論家としてポップス&ロック界の海外スターとの親交も深い。...

setlist
back

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

1951年ロンドン生まれ。73年、ロンドン大学日本語学科卒。74年来日し、日本の音楽出版社に入社。著作権関係の仕事に従事する。80年に退社後、執筆活動やラジオ番組への出演などを開始。88年から2014年までTBSの番組「CBSドキュメント」、「CBS 60ミニッツ」を担当。現在もNHK-FMのウィークエンド・サンシャインなどのDJを務める。

1951年ロンドン生まれ。73年、ロンドン大学日本語学科卒。74年来日し、日本の音楽出版社に入社。著作権関係の仕事に従事する。...

1951年ロンドン生まれ。73年、ロンドン大学日本語学科卒。74年来日し、日本の音楽出版社に入社。著作権関係の仕事に従事する。...

setlist
back

高橋 克彦(小説家)

1947年、釜石市生まれ。「緋(あか)い記憶」で直木賞を受賞、アテルイと坂上田村麻呂の戦いを扱った「火怨(かえん)」で吉川英治文学賞に輝き、NHK大河ドラマとなった「炎(ほむら)立つ」などを発表している。盛岡市を拠点に作家活動を続け、岩手の歴史風土を題材にした作品も数多い。

1947年、釜石市生まれ。「緋(あか)い記憶」で直木賞を受賞、アテルイと坂上田村麻呂の戦いを扱った「火怨(かえん)」で吉川英治文学賞に輝き、NHK大河ドラマとなった「炎(ほむら)立つ」などを発表している。...

1947年、釜石市生まれ。「緋(あか)い記憶」で直木賞を受賞、アテルイと坂上田村麻呂の戦いを扱った「火怨(かえん)」で吉川英治文学賞に輝き、NHK大河ドラマとなった...

setlist
back

武藤 浩史(慶應義塾大学教授)

1958年生まれ、英国ウォリック大学大学院英文学博士課程修了(Ph.D.)、現在、慶應義塾大学教授。授業で、イギリス文化史の中のビートルズを教えている。著書に、『ビートルズは音楽を超える』、『「ドラキュラ」からブンガク』、『「チャタレー夫人の恋人」と身体知』、訳書に『息子と恋人』、『チャタレー夫人の恋人』、『D・H・ロレンス幻視譚集』など。

1958年生まれ、英国ウォリック大学大学院英文学博士課程修了(Ph.D.)、現在、慶應義塾大学教授。授業で、イギリス文化史の中のビートルズを教えている。著書に、『ビートルズは音楽を超える』、『「ドラキュラ」からブンガク』、『「チャタレー夫人の恋人」と身体知』...

1958年生まれ、英国ウォリック大学大学院英文学博士課程修了(Ph.D.)、現在、慶應義塾大学教授。授業で、イギリス文化史の中のビートルズを教えている。...

setlist
back

BONNIE PINK(シンガー・ソングライター)

1995年、アルバム「Blue Jam」でデビュー。1998年ジョージ・マーティン氏のプロデュース・アルバム『IN MY LIFE』に「Blakbird」のカバーで1曲参加。その後「Magical Mystery Tour」もカバーしている。シンガー・ソングライターである彼女の数多くの楽曲はドラマや映画・CMに起用され、その歌唱力と作詞/作曲センスに男女問わず注目を集め続ける。2015年、デビュー20周年を迎えた

1995年、アルバム「Blue Jam」でデビュー。1998年ジョージ・マーティン氏のプロデュース・アルバム『IN MY LIFE』に「Blakbird」のカバーで1曲参加。...

1995年、アルバム「Blue Jam」でデビュー。1998年ジョージ・マーティン氏のプロデュース・アルバム『IN MY LIFE』に「Blakbird」のカバーで1曲参加。...

setlist
back

藤原 さくら(シンガー・ソングライター)

2015年3月18日メジャーデビュー。翌年2月17日には初のフルアルバム「good morning」をリリース。同年4月度にはフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」にヒロイン役として出演。6月8日このドラマの主題歌「Soup」がシングルとしてリリースされる。

2015年3月18日メジャーデビュー。翌年2月17日には初のフルアルバム「good morning」をリリース。同年4月度にはフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」に...

2015年3月18日メジャーデビュー。翌年2月17日には初のフルアルバム「good morning」をリリース。同年4月度にはフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」に...

setlist
back

GLIM SPANKY(2人組ロックユニット)

ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルと、ブルージーで感情豊かなギターが特徴。ライブではサポートメンバーを加え活動中。

ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルと...

ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルと、...

setlist
back

弓木 英梨乃(ギタリスト)

2歳半からバイオリンを始め、音楽のキャリアをスタート。中学1年生の時にビートルズを聴いて衝撃を受け、父親のギターを借りてひたすら楽曲を完全コピーする日々を送る。2009年、シンガーソングライターとしてメジャーデビュー。2013年夏から6人編成となった新生KIRINJIの正式メンバー。個人としても多数のアーティストのサポート、楽曲提供、アレンジ制作等、活動の幅を広げている。

2歳半からバイオリンを始め、音楽のキャリアをスタート。中学1年生の時にビートルズを聴いて衝撃を受け、父親のギターを借りてひたすら楽曲を完全コピーする日々を送る。...

2歳半からバイオリンを始め、音楽のキャリアをスタート。中学1年生の時にビートルズを聴いて衝撃を受け、父親のギターを借りてひたすら楽曲を完全コピーする日々を送る。...

来日50周年記念クイズ

来日公演にちなんだクイズを作成しました。1章・2章の情報がヒントになっています。是非お楽しみください。

(ブラウザのバージョンが古いと正常に表示されない場合があります。ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものへアップデートをお願いします)

(C) The Yomiuri Shimbun.