文字サイズ

    比嘉と対戦のWBC王者、体重超えタイトル剥奪

     ボクシングのトリプル世界戦(20日・東京有明コロシアム)に出場する6選手の前日計量が19日、都内で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者のフアン・エルナンデス(メキシコ)が制限体重(50・8キロ)を200グラムオーバーし、タイトルを剥奪はくだつされた。

     挑戦者の同級1位比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は50・8キロでパス。比嘉が勝てば新王者となり、負けか引き分けの場合、王座は空位となる。エルナンデスは2時間以内に再計量でパスすればよかったが、1回目の30分後に断念した。

     世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦の同級1位アッサン・エンダム(仏)と2位村田諒太(帝拳)はともに72・3キロ、WBCライトフライ級王者のガニガン・ロペス(メキシコ)と挑戦者の4位拳四朗(BMB)はともに48・8キロで、いずれも1回目でパスした。

    2017年05月19日 19時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ