文字サイズ

    内村「バランス良い」…NHK杯9連覇へ調整

    • 公式練習に臨む内村航平(19日)=飯島啓太撮影
      公式練習に臨む内村航平(19日)=飯島啓太撮影
    • 記者会見で意気込みを話す内村航平(19日)=飯島啓太撮影
      記者会見で意気込みを話す内村航平(19日)=飯島啓太撮影

     体操の世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)代表選考会を兼ねたNHK杯は20、21日に東京体育館で行われる。

     19日の公式練習では、9連覇と個人総合40連勝がかかる内村航平(リンガーハット)らが調整に汗を流した。

     今大会は4月の全日本選手権決勝の得点を持ち越し、2試合の合計点で争う。20日に女子、21日に男子が行われ、男女とも上位2人が個人総合枠の代表に決まる。

     内村は全日本の予選でミスが出た平行棒の難度を下げ、余裕が持てる構成に変えて臨む方針で、「バランスは良くなった。ミスなくやれば代表が見えて来る」と語った。

    2017年05月19日 19時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ