文字サイズ

    山中「KO出来れば一番」…13連続防衛へ意欲

    • ともに自信を見せる山中(右)と挑戦者のネリ
      ともに自信を見せる山中(右)と挑戦者のネリ

     世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトル戦(15日・島津アリーナ京都)の調印式と記者会見が13日、京都市内で行われ、王者の山中慎介(帝拳)と挑戦者の同級1位、ルイス・ネリ(メキシコ)が意気込みを語った。

     男子の日本記録に並ぶ世界戦13連続防衛を目指す山中は、南京都高(現・京都廣学館高)出身。「京都で大切な試合ができ、気持ちよくリングに上がれる。KO出来れば一番いい」と話し、「足を使いながら、タイミングを見て強く打ち込むだけ。1ラウンド目から見ておいてください」と得意の左パンチに自信を見せた。ネリも「最初から前に出て数多くのパンチを打つ。KOを狙いたい」と語った。

    2017年08月13日 19時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと
    アーカイブ