文字サイズ

    トランポリン女子、岸が日本初の銀…世界選手権

     トランポリンの世界選手権は12日、ソフィアで五輪種目の個人が行われ、女子で岸彩乃(金沢学院大ク)が銀メダルを獲得した。

     この種目で日本選手の表彰台は初。岸は準決勝を7位で通過、8人で争う決勝で55・740点をマークした。

     男子の伊藤正樹(東栄住宅)は準決勝を5位で通過し、決勝は24・800点で8位に終わった。男子の岸大貴(ポピンズ)と棟朝銀河(エアリアルドリーム)、女子の森ひかると高木裕美(ともに金沢学院大ク)は準決勝で敗退した。(時事)

    2017年11月13日 14時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ