文字サイズ

    錦織圭、来月のブリスベーン国際で復帰目指す

     右手首痛からの復帰を目指している男子テニスの錦織圭(日清食品)が、12月下旬開幕のブリスベーン国際での復帰を目指していることが13日、分かった。

     来年1月に行われる全豪オープンの前哨戦。大会公式サイトが「前回は決勝に出られた(結果は準優勝)が、目標は優勝。1年間の最初でもあり、いい大会にしたい」とする談話とともに出場予定であることを伝えた。

     今春から痛みを抱えていた錦織は8月、複数の医療機関で検査を行った結果、手首の腱(けん)の裂傷が明らかになったとして、四大大会最終戦の全米オープンを含めてシーズン残り試合全てを欠場すると発表。手術は行わず、ギプスをつけて安静にした後、リハビリを続けている。

    2017年11月13日 20時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ