文字サイズ

    比嘉真美子、キム・ハヌルとのプレーオフ制しV

    • 優勝し、トロフィーを掲げる比嘉真美子
      優勝し、トロフィーを掲げる比嘉真美子

     ゴルフ・NEC軽井沢72最終日(13日・長野軽井沢72北=6655ヤード、パー72)――比嘉真美子(23)が、通算12アンダーで並んだキム・ハヌル(韓国)とのプレーオフを制し、4年ぶりとなるツアー通算3勝目を挙げた。

     獲得賞金は1440万円。1打差の3位には大山志保と辻梨恵。イ・ボミ(韓国)は8アンダーで7位、プロデビュー戦の勝みなみは6アンダーの17位だった。

    2017年08月13日 18時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと
    アーカイブ