文字サイズ

    マーリンズ社長、球団売却合意を明らかに

     米大リーグ、マーリンズのデービッド・サムソン社長は12日、元ヤンキースのデレク・ジーター氏とニューヨークの実業家らによる投資グループとの間で、球団売却について合意したことを明らかにした。

     大リーグ公式サイトなどが報じた。今後は、オーナー会議の承認などを経て、正式に認められる。(ニューヨーク 宮崎薫)

    2017年08月13日 19時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと
    アーカイブ