文字サイズ

    広島・岡田が11勝目…DeNA浜口は7勝目

    • 9回1死、阿部が通算2000本目の安打を放つ(捕手・会沢)(13日)=尾賀聡撮影
      9回1死、阿部が通算2000本目の安打を放つ(捕手・会沢)(13日)=尾賀聡撮影

     広島4―1巨人(セ・リーグ=13日)――広島は一回、西川の適時打などで3点を先行。

     6回1失点の岡田が11勝目を挙げた。巨人は今村が崩れ、打線も六回のマギーの適時打による1点のみに終わった。

             ◇

     DeNA8―2阪神(セ・リーグ=13日)――DeNAは二回に倉本の2点打などで逆転し、その後は筒香の2打席連続本塁打などで加点した。左肩の違和感から復帰した浜口が7勝目。阪神は投手陣が崩れた。

             ◇

     中日7―2ヤクルト(セ・リーグ=13日)――中日が3カード連続勝ち越し。三回にゲレーロの3ランで勝ち越し、六回には福田の3ランで突き放した。ヤクルトは中日を上回る9安打を放つもつながりを欠いた。

    2017年08月13日 21時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと
    アーカイブ