文字サイズ

    巨人が阪神に快勝し3位浮上…広島はM2に

    • 力投する巨人先発の吉川光(13日)=前田尚紀撮影
      力投する巨人先発の吉川光(13日)=前田尚紀撮影
    • 1回2死満塁、田中が2点適時打を放つ(13日)=野本裕人撮影
      1回2死満塁、田中が2点適時打を放つ(13日)=野本裕人撮影

     セ・リーグは13日、首位の広島がDeNAに勝ち、2位阪神が巨人に敗れたため、広島が優勝へのマジックナンバーを「2」とした。

     14日に広島がDeNAに勝ち、阪神が巨人に負ければ、広島の2年連続8度目のリーグ制覇が決まる。

            ◇

     巨人7―2阪神(セ・リーグ=13日)――巨人が3位浮上。二回、小林、陽岱鋼の適時打やマギーの3ランなどで6点を先制、四回には橋本到が犠飛。吉川光が移籍後初勝利。阪神は打線がつながらず。

            ◇

     広島12―4DeNA(セ・リーグ=13日)――広島は一回と六回に打者一巡の猛攻を見せ、12点を奪って快勝。田中が本塁打を含む3安打3打点の活躍で、2番手の九里が9勝目。DeNAは4位転落。

            ◇

     ヤクルト2―1中日(セ・リーグ=13日)――ヤクルトが接戦を制した。山田は一回の先制打を含む2打点で、継投で反撃をしのいだ。原樹が約3か月ぶりの白星。中日は8回2失点の大野を援護できなかった。

    2017年09月13日 22時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!
    アーカイブ