文字サイズ

    G山口俊、今季初完投で2勝目…広島は首位浮上

    • 14奪三振で完投勝利を挙げた山口俊(17日)=杉本昌大撮影
      14奪三振で完投勝利を挙げた山口俊(17日)=杉本昌大撮影
    • 6回2死1塁、逆転2ランを放ち、ベンチ前でハイタッチする亀井(17日)=杉本昌大撮影
      6回2死1塁、逆転2ランを放ち、ベンチ前でハイタッチする亀井(17日)=杉本昌大撮影

     巨人3―2DeNA(セ・リーグ=17日)――巨人が連敗を2で止めた。

     1点を追う六回、亀井の2ランで逆転。山口俊が今季初完投で2勝目を挙げた。DeNAは四回以降、打線が沈黙。連勝は8で止まった。

             ◇

     広島7―4ヤクルト(セ・リーグ=17日)――広島が3連勝で首位浮上。四回、田中の右前打で勝ち越すと、五回には会沢が適時打を放つなどその後も着実に加点した。ヤクルトは終盤の好機であと1本が出ず。

    2018年04月17日 22時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!
    アーカイブ