文字サイズ

    G大勝、12得点…阪神は今季DeNA戦初黒星

    • 4回無死1、3塁、亀井が適時打を放つ(捕手・古賀)(16日)=浦上太介撮影
      4回無死1、3塁、亀井が適時打を放つ(捕手・古賀)(16日)=浦上太介撮影
    • 巨人先発の吉川光(16日)=杉本昌大撮影
      巨人先発の吉川光(16日)=杉本昌大撮影

     巨人12―4ヤクルト(セ・リーグ=16日)――巨人が大勝した。

     同点の四回、亀井の勝ち越し打などで大量7点を奪い、七回にも4点を加えた。6回1失点の吉川光が3勝目。ヤクルトは投手陣の不調が響いた。

              ◇

     中日5―2広島(セ・リーグ=16日)――中日は一回に京田の適時二塁打で先制し、中盤以降に追加点を奪った。先発の柳は八回途中まで2失点に抑える好投で2勝目。広島の岡田は今季初黒星を喫した。

              ◇

     DeNA5―0阪神(セ・リーグ=16日)――DeNAの東克樹(立命大)が今季の新人一番乗りで完封勝利を挙げた。ロペスは一回の先制打など3安打3打点の活躍を見せた。阪神はDeNA戦で今季初黒星。

    2018年05月16日 22時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!
    アーカイブ