文字サイズ

    終盤の好機生かせず、巨人の連勝3でストップ

    • 5回1死1塁、市川(左上)に2ランを浴びた今村(13日)=秋月正樹撮影
      5回1死1塁、市川(左上)に2ランを浴びた今村(13日)=秋月正樹撮影
    • 4回1死、岡本が同点ソロを放つ(捕手・市川)(13日)=秋月正樹撮影
      4回1死、岡本が同点ソロを放つ(捕手・市川)(13日)=秋月正樹撮影

     ソフトバンク4―2巨人(交流戦=13日)――ソフトバンクが接戦を制した。五回、市川の2ランで逆転し、5人の継投で逃げ切った。摂津は今季2勝目。巨人は終盤の好機を生かせず、連勝は3で止まった。

              ◇

     オリックス12―5広島(交流戦=13日)――オリックスが逆転勝ち。1点を追う五回に大城、ロメロらの4連続適時打で逆転し、六、七回は本塁打で加点した。広島は投手陣が踏ん張れなかった。

              ◇

     日本ハム8―7阪神(交流戦=13日)――日本ハムが打ち勝ち、連敗を4で止めた。三回に中田が先制打、四回にはレアードの3ランなどで逆転した。有原はプロ初セーブ。阪神は投手陣が粘れなかった。

              ◇

     西武7―4ヤクルト(交流戦=13日)――西武は四回、外崎、メヒアの連続ソロで逆転。六回には源田の適時打などで4点を奪って突き放した。今井はプロ初登板で初勝利。ヤクルトは3連勝でストップ。

              ◇

     ロッテ6―1DeNA(交流戦=13日)――ロッテが3連勝。一回に中村の適時二塁打で先制すると、小刻みに加点しリードを広げた。有吉は7回1失点の好投で2勝目。DeNAは好機で一打が出なかった。

              ◇

     中日6―3楽天(交流戦=13日)――中日は六回、アルモンテのソロなどで2点を勝ち越し、終盤にも追加点。継投で反撃をしのいだ。七回途中2失点の小笠原が2勝目。楽天は投手陣が踏ん張れず。

    2018年06月13日 22時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集
    アーカイブ