文字サイズ

    ニュース

    大阪桐蔭と智弁和歌山、決勝へ…ともに延長制す

     選抜高校野球第11日(3日・甲子園)――準決勝2試合が行われ、大阪桐蔭(大阪)と智弁和歌山(和歌山)が、ともに延長戦を制し、4日の決勝に進出した。

     大阪桐蔭は十二回、藤原の二塁打で三重(三重)にサヨナラ勝ち。智弁和歌山は5点差を逆転し、東海大相模(神奈川)に打ち勝った。大阪桐蔭は史上3校目の連覇を、智弁和歌山は24年ぶり2度目の優勝を目指す。

    2018年04月03日 20時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集
    アーカイブ