<速報> 横綱・白鵬が初場所5日目から休場
    文字サイズ

    稀勢「戦う準備できた」、鶴竜「まだ強くなる」

    • 稀勢の里
      稀勢の里
    • 鶴竜
      鶴竜

     大相撲の稀勢の里(31)、鶴竜(32)の2横綱が11日、初場所(14日初日・両国国技館)への出場を表明した。

     ともにここまで4場所連続休場中だった。

     稀勢の里は腰と左足首の負傷で昨年九州場所は10日目から途中休場。冬巡業も全休して慎重に調整を積んできた。稀勢の里は11日の朝稽古後、「しっかり戦える準備はできた。本場所でしっかりやるだけです」と意欲を口にした。

     右足首などの負傷で秋、九州場所と2場所連続で全休した鶴竜も11日、「いつも通りの気持ちで集中してやるだけ」と決意を口にした。成績次第で進退が問われる可能性もあるが、「まだこれから自分は強くなると思っている」と述べた。

    2018年01月11日 12時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集
    アーカイブ