現在位置は です

本文です

侍ジャパン、延長戦で台湾破る…4—3

力投する日本先発の能見=鈴木毅彦撮影
押し出し四球で3塁走者・郭厳文(左)の生還を許した能見=安川純撮影
8回1死1、2塁、坂本が同点適時打を放つ=林陽一撮影
9回無死1塁、陽が試みた送りバントを、手首をねじりながら好捕した牧田=安川純撮影

 野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、3連覇を目指す日本(1次ラウンドA組2位)は台湾(同B組1位)と8日、東京ドームで対戦。延長戦の末、日本が4—3で勝利した。

 勝った日本は10日にオランダと、敗れた台湾は9日にキューバと対戦する。

 【経過】

 日本は能見(阪神)が先発し、台湾は米大リーグで活躍した右腕、王建民。

 初回、日本は井端(中日)、内川(ソフトバンク)が安打を放ったが無得点。台湾は能見に三者凡退。

 二回、日本は三者凡退。台湾は二死から2本の安打で好機を作ったが、無得点だった。

 三回、日本は稲葉(日本ハム)の中前打などで二死三塁としたが、井端が三ゴロ倒れて無得点。台湾は二死満塁から押し出し四球で先制した。日本は2番手で摂津(ソフトバンク)が登板し、後続を抑えた。

 四回、日本は二死から糸井(オリックス)の二塁打と坂本(巨人)の内野安打で一、三塁としたが、中田(日本ハム)が遊ゴロで得点出来ず。台湾は摂津の前に三者凡退。

 五回、日本は二死一、三塁から内川が三ゴロに倒れた。台湾は摂津から長短打を放ち、追加点を奪った。

 六回、日本は無得点。日本は田中(楽天)が3番手で登板し、無失点に抑えた。

 台湾は先発の王建民が六回まで無失点の好投でマウンドを降りた。

 七回、日本は二死二塁から1番・角中(ロッテ)の代打・長野(巨人)が三振に倒れた。台湾は田中の前に三者凡退。

 八回、日本は無死一、三塁から阿部(巨人)が右前適時打を放ち、1点差に。さらに一死一、二塁から坂本の左前打で追い付いた。台湾は無死から3連続安打で3—2と勝ち越し、田中をノックアウト。日本は山口(巨人)、沢村(巨人)の継投でその後のピンチをしのいだ。

 九回、日本は二死二塁で井端が中前適時打を放ち3—3の同点とした。台湾は九回二死二、三塁と好機を作ったが無得点。試合は延長戦に突入した。

 十回、日本は一死二、三塁から中田の犠飛で4—3とし、この試合初めて勝ち越しに成功した。日本はこの回から杉内(巨人)が登板、走者を許したが無失点に抑えた。

         ◇

 日本の先発オーダーは以下の通り。

 1番・指名打者 角中(ロッテ)

 2番・二塁 井端(中日)

 3番・右翼 内川(ソフトバンク)

 4番・捕手 阿部(巨人)

 5番・中堅 糸井(オリックス)

 6番・遊撃 坂本(巨人)

 7番・左翼 中田(日本ハム)

 8番・一塁 稲葉(日本ハム)

 9番・三塁 鳥谷(阪神)

2013年3月8日23時50分  読売新聞)


現在位置は です


今週のPICK UP

PR

国内線 空席照会・予約はこちらから ANA
出発空港 到着空港
搭乗日 出発時刻
搭乗クラス