文字サイズ

    小平奈緒、W杯連勝を9に…スケート女子500

    • 女子500メートルで優勝した小平奈緒(10日)=若杉和希撮影
      女子500メートルで優勝した小平奈緒(10日)=若杉和希撮影
    • 女子500メートルで優勝し、笑顔で声援に応える小平奈緒(10日)=若杉和希撮影
      女子500メートルで優勝し、笑顔で声援に応える小平奈緒(10日)=若杉和希撮影

     スピードスケートのワールドカップ(W杯)今季開幕戦が10日、オランダのヘーレンフェインで始まり、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が37秒29のリンク新で優勝し、昨季開幕戦から出場したレースの連勝を9に伸ばした。

     2位は五輪連覇中の李相花イサンファ(韓国)で0秒31差の圧勝だった。郷亜里砂(イヨテツク)は37秒70で5位。神谷衣理那(高堂建設)は6位、辻麻希(開西病院)は8位だった。

    2017年11月11日 01時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ