文字サイズ

    戸塚優斗が3位…スノボW杯男子ハーフパイプ

     スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、米コロラド州スノーマスで男女ハーフパイプの決勝が行われ、男子は16歳の戸塚優斗(チームヨネックス)が94・50点で3位に入った。

     安藤南位登ないと(尾瀬ク)は7位。ショーン・ホワイト(米)が満点の100・00点で今季初勝利となる通算6勝目を挙げた。女子は大江光(バートン)が5位、今井胡桃(同)が7位、松本遥奈(クルーズ)が8位。フリースタイルスキーW杯の男子スロープスタイル決勝では、山本泰成たいせい(尾瀬ク)が8位となった。

    2018年01月14日 19時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集
    アーカイブ