文字サイズ
    ジュニア記者が自身の体験や気持ちをつづるコラムです。

    考えるために、まず寝よう…高1・久保田記者

     高校に入学し、通学つうがく時間が1時間半と、中学時代の4倍も長くなった。その分、英単語えいたんご暗記あんき出来できるなど、悪いことばかりではないのだが、なやましいのは、睡眠すいみん時間が短くなってしまったことだ。

     8時15分のホームルームに間に合うためには、5時半に起きなくてはならない。さっさとればよいのだが、好きな本を読んだりしていると、どんどんおそくなり……。おかげで、授業じゅぎょう中は、ちょっとぼんやりなんてことも。

     では、どうしたらよいか。ねむたい頭をひねってもい答えは出て来ず。受験じゅけんでは合格ごうかくを勝ち取ったばかりだが、睡魔すいまには勝てそうにない。新生活は始まったばかり。いさぎよく負けをみとめ、ちゃんと寝てすっきりした頭で時間の上手じょうずな使い方を考えたい。(高1・久保田千紘くぼたちひろ記者)

    2017年05月02日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    宣伝部PR