文字サイズ
    ジュニア記者が自身の体験や気持ちをつづるコラムです。

    私の髪、病気の子のために…高1・井上記者

     先日、ヘアドネーションのお礼状れいじょうとどいた。ヘアドネーションとは、病気などでかみの毛をうしなった子どもたちのために、ウィッグの材料ざいりょうとなる髪の毛を寄付きふする活動だ。私はこの活動のことを美容院びよういんで知り、自分の髪の毛を寄付することにした。31センチからウィッグに利用できるものの、ロングヘア用のウィッグを作るため必要ひつような50センチ以上いじょうの髪の毛が不足していると聞き、「50センチ寄付」を目標もくひょうに、かたまであった髪をばした。伸ばしている間は、洗髪せんぱつや髪をかわかすのに時間がかかり、何度も切りたいと思った。夏休み、ついに目標もくひょうの長さになり、こしまで伸びた髪をばっさり切って寄付した。私の髪の毛が役に立つと思うとうれしい。より多くの人に活動に参加さんかしてほしい。(高1・井上いのうえみつき記者)

    2017年10月31日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    宣伝部PR