文字サイズ
    ジュニア記者が、様々なニュースを取材して記事を掲載します。

    悔しさバネ 16歳で日本一

    卓球 平野美宇選手インタビュー

    • 卓球・全日本選手権で石川佳純選手を破り、初優勝を果たした平野選手
      卓球・全日本選手権で石川佳純選手を破り、初優勝を果たした平野選手

     今年1月の卓球たっきゅう全日本選手権ぜんにほんせんしゅけん女子シングルスで初優勝はつゆうしょうし、男女を通じたシングルスの最年少記録さいねんしょうきろくを打ち立てた平野美宇ひらのみう選手(16)。

     昨年のリオデジャネイロ五輪ごりんではしくも代表のをつかめませんでした。そのくやしさをバネに大きな飛躍ひやくげている平野選手にインタビューしました。(高2・松原彩まつばらあや青柳孝信あおやぎたかのぶ、高1・益子百花ますこももか、中3・長倉希空ながくらのあ、中2・西山寿奈にしやまじゅな記者、撮影さつえい栗原怜里くりはられいり

     1月22日に行われた決勝けっしょうで4連覇れんぱを目指していた石川佳純いしかわかすみ選手を4―2でやぶり優勝しました。この時点で16さい9か月だったため、1988年度大会の佐藤利香選手(17歳1か月)の記録を更新こうしん。平野選手は、「ゆめのようでした。まわりの人からおいわいの言葉をいただいてようやく実感がわきました」とり返ります。

     卓球をはじめたのは3歳の時。母親が開いていた卓球教室について行きたくて始めたそうです。つ楽しさを小学1年生の時に全日本選手権(小学2年以下いか)で優勝した時に知った平野選手。その後、小学4年生で国際こくさい大会に出場しますが、なかなか勝てません。「日本で勝てても世界で勝つのはむずかしい。どうしたら勝てるんだろう、とすごく考えました」

     おさなころからダブルスでペアを組む伊藤美誠いとうみま選手は、「親友でありライバル」。昨年のリオデジャネイロ五輪では、伊藤選手が舞台ぶたいに立ちどうメダルを獲得かくとく。自身は出場できませんでした。自分はダメだと落ち込んだけれど、「これ以上わるくなることはない。絶対ぜったい追いつきたい」と強く決心したそうです。

     自らの強みを「けずぎらいの性格せいかく」と分析ぶんせきする平野選手。験担げんかつぎや心を落ち着けるための動作などはあるのか質問しつもんすると、「特にないです。試合しあいでは結局けっきょく強い人が勝つ。練習をするだけ」と言い切ります。接戦せっせんの時に勝ちきれない自分をえようと、メンタル面の強化きょうかに取り組んできたそう。ほぼ毎日練習に取り組み、睡眠すいみんや食事にも気を配ります。試合前にはビデオを見るなど相手選手への対策たいさくおこたりません。

     トップアスリートでありながら、女子高校生らしい一面も。休日に買い物をしたり、ジャニーズなどのアイドルグループが好きだったりと、わたしたちと変わりません。いそがしい合間にも勉強に取り組んでいるそうです。

     2020東京五輪・パラリンピックまで3年。「かならず出場して金メダルを取りたい」と話していた平野選手。すでに、昨年10月の女子ワールドカップ(W杯)で史上しじょう最年少優勝をたしていますが、「(世界ランキング上位の)中国人選手が出場していない大会だった。本当の世界一になりたい」。5月から始まる世界選手権でのメダル獲得かくとく見据みすえて練習にはげみます。東京五輪を20歳でむかえる平野選手。これからの活躍かつやくが期待されます。

    2017年04月10日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    宣伝部PR