<速報> 都議会の重鎮、自民・内田茂氏が都議選不出馬を表明
    文字サイズ

    特集

    読売中高生新聞の企画・連載をお届けします。
    受験生へエール

    緊張とケアレスミス…和田秀樹さん(下)

     読売中高生新聞1月30日号の特集は「受験」。この冬を耐え、サクラ咲く日を待つ君に、飛びきりスペシャルな3人がエールを送ります!

     ヨミウリ・オンラインでは、「受験本番に勝つ! 77の作戦」(ブックマン社)などの著書があり、“受験の神様”と言われる精神科医の和田秀樹さんが、受験直前にやるべきことや、試験当日に不安やプレッシャーをはねのけて持てる力をフルに発揮する四つの“必勝術”を大公開!!

     和田さんからのメッセージ(上)はこちら

    ▽この人からのエールもチェック


    「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」に登場する「ビリギャル」小林さやかさん
    「オール1先生」宮本延春さん

    笑いや和みで緊張をコントロールせよ

    • 和田秀樹さん
      和田秀樹さん

     過度な緊張や焦りで、頭が真っ白になってしまう状況は、脳の前頭葉への血の巡りが悪くなっていることを意味する。

     過度な緊張をコントロールするために、休み時間にペットの写真や好きなキャラクターで気持ちを和らげたり、ジョーク本で笑ったりするといい。試験中なら、ゆっくり深呼吸をすると、落ち着きを取り戻せる。

     ただ、緊張は悪いことではない。ほどよい緊張は集中力が増す。

    過去の試験を振り返り、「ミスらない力」をつけろ!

     同じくらいの学力の人が集まる受験では、ケアレスミスをしないことが重要だ。たった一つのミスが命取りになることは、皆よく分かっているだろう。試験前に、模試や学校のテストを見直し、自分がどのようなケアレスミスをしたか、傾向を改めて確認しよう。

     例えば、条件を見落としているのか、簡単な計算の繰り上がりで間違いやすいのかなどを把握し、対策を立てよう。

     誰しもがミスをするのが受験だ。ただ、ケアレスミスがなくなるだけで偏差値は10上がるといわれている。最後まであきらめないで、力を尽くしてほしい。

     (おわり)

     

    プロフィル
    和田秀樹(わだ・ひでき=精神科医)
     1960年生まれ。東京大学在学中から受験指導に携わり、現在も、代表を務める通信教育「緑鐵受験指導ゼミナール」などで、自身の経験に心理学を取り入れた実践的な勉強法を紹介している。
     著書「ケアレスミスをなくす50の方法」では、ミスの原因を説明しながら、豊富な実例や図解をもとに、ミス防止のノウハウを徹底伝授している。今日からすぐに実践できるテクニックが満載の一冊。

    ▽この人からのエールもチェック


    「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」に登場する「ビリギャル」小林さやかさん
    「オール1先生」宮本延春さん

     


    2015年01月31日 08時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    中高生新聞「練習手帳」に挑戦!